ミュンヘン観光に欠かせないビアホール「ホフブロイハウス」

hofbrau1

全館で3000人も入れるという巨大なレストラン。ミュンヘンらしい陽気な雰囲気を味わえる1階席がおすすめ

hofbrau2

夏期はビアガーデンもオープン

ミュンヘンのビアホールというと真っ先に名前が挙がるのが「ホフブロイハウス」。世界中からミュンヘンにやってくる旅行者が一度は立ち寄る、あまりにも有名な観光スポットです。1589年に宮廷のための醸造所として設立されたという長い歴史と伝統を誇る同店は、まさにまるごと文化遺産。ビールにソーセージ、民族衣装の陽気な人々……ミュンヘンのビール祭り「オクトーバーフェスト」のように賑やかな店内は、これぞドイツ! これぞミュンヘン! という気分に浸れます。

上階にはゆっくり食事ができるレストランや宴会場もありますが、ホフブロイハウスならではの雰囲気を味わうなら、バンドの生演奏もある地上階のビアホールが断然おすすめ。1300人以上も入れるというホールは合席が基本で、世界中の旅行者たちと一緒に盛り上がれることうけあい。夏期は中庭のビアガーデンも気持ちがいいですよ。

ミュンヘン名物のビールとソーセージ

hofbrau3

常連客の特権はボトルキープならぬ「ジョッキキープ」ができる事。マイジョッキが並ぶコーナーは必見

hofbrau4

ミュンヘン名物の白ソーセージは必食

「とりあえずビール」で出てくるのは、1リットル入りの大ジョッキ! オリジナルラガービールと、創設時に初めて造られたという伝統のダークビールはこれが基本サイズで、小麦で作るヴァイスビールは500mlの専用グラスで出されます。フルーティなヴァイスビールはガイドも大好物。このヴァイスビールと、ヴァイスヴルスト(白ソーセージ)、プレッツェルのセットは最強のミュンヘン名物。鮮度が命のヴァイスヴルストは午前中に食べるのが良いとされ、午前中しか出さない店も多いのですが、ここでは夜でも新鮮なヴァイスヴルストをいただくことができます。ほかにもソーセージの盛り合わせやドイツ的ボリュームたっぷりの肉料理など、ビールがすすむメニューが揃っています。

観光地としてあまりにも有名になったホフブロイハウスですが、昔から通い続けている常連客も健在。入口付近のボードが掛かっている席は「Stammtisch」と呼ばれる常連客用の席で、顔見知り同士が集まってしゃべったり飲んだりしている地元っぽい光景が見られます。自分専用のマイジョッキをキープしておけるのが常連の特権。お店の一角に立派な鍵付きのキープ・ジョッキ棚があるので探してみてくださいね。

<DATA>
Hofbräuhaus
住所:Platzl 9 80331 München
TEL:089-290136100
営業時間:9:00~23:30 無休
アクセス:Marienplatzから徒歩5分
予算:ソーセージ約5ユーロ~ ビール4.2ユーロ~
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。