先月のビューティティップスでは「山本浩未流!リゾート必須な紫外線対策アイテム(リンク貼ります)」についてお話しました。今回はその続編「リゾート後の美白対策アイテム」をご紹介します!


ヒリヒリ肌にすぐスキンケアはNG

どんなにしっかり日焼け止めでガードしても、肌はダメージを受けて疲れています。だから、ちゃんと落ち着かせることが大事です。もし肌が赤くなっていたりヒリヒリしているようなら、スキンケアを始める前に冷たい濡れタオルなどでまず熱を取り、肌を冷ましてあげることが先決。熱が引き肌が落ち着いてから、お手入れをスタートしましょう。


山本浩未流! リゾート後の美白対策アイテム

肌を冷やす2アイテム
「アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル」

“スキコン”の名で愛される白い薬用化粧水。紫外線の影響を受けた敏感なお肌にも、すーっと爽やかな使い心地です。私はいつもコットンマスクをしています。コットンを水で濡らしてキュッとしぼってから化粧水を含ませると、コットンの繊維が肌に残らず、肌に刺激を与えません。しかも適量でマスクすることが出来て、ムダもありません。
さっぱりとした使用感はコットンマスクにぴったり

さっぱりとした使用感はコットンマスクにぴったり



「HAKU メラノフォーカスEX マスク」
ホワイトニングマスクなら何でもOKです。私のお気に入りはコレ。美白美容液をたっぷり含んだシートが密着して、美白とうるおいの集中ケアをしてくれます。効果を実感できる美白成分を、余すことなく肌に投入できるから、日焼け後の強い味方です。
ここぞという時に効いてくれるホワイトニングマスク

ここぞという時に効いてくれるホワイトニングマスク



ビタミンCで集中ケア
「オバジ C20セラム」

ビタミンCの美容液が、日焼けには効果的。オバジCで集中ケアをしています。外出前には“飲む日焼け止め” 「ヘリオケア ウルトラD」で身体の中から紫外線対策も忘れずに。
美白と言えば高濃度のビタミンC!

美白と言えば高濃度のビタミンC!





バスタイムにスペシャルマスク
「THREE ピュリファイング クレイマスク」

日焼け肌が落ち着いてきたら、余分なごわついた角質をしなやかにする角質ケアをします。洗顔後、水気を取った肌に「THREE ピュリファイング クレイマスク」を塗り、湯船の中で汗をかきます。クレイマスクは、毛穴の汚れや皮脂を取ってくれますが、お湯に浸かっていると発汗するので、取り過ぎずちょうどよいです。
つるんとしたクリアな肌をつくるクレイマスク

つるんとしたクリアな肌をつくるクレイマスク



■DATA
「薬用スキンコンディショナー エッセンシャル」
110ml 3500円(税抜) アルビオン

「HAKU メラノフォーカスEX マスク」
30mL×6包入 10,000円(税抜) 資生堂

「オバジ C20セラム」
15ml 8000円(税抜) オバジ

「ピュリファイング クレイマスク」
5500円(税抜) THREE

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。