チーズ専門店でもスーパーでも、外国産のチーズが簡単に手に入る時代。「あら?国産チーズだって手に入るじゃない?」と思うかもしれませんが、簡単に手に入るのはプロセスチーズ。工場で大量生産されたもの。国産ナチュラルチーズを手に入れるのは、東京であっても簡単ではないのです。でも今の時代、インターネットがあるので、わざわざチーズ工房へ出向かなくてもお取り寄せでおいしいチーズが食べられます。そのなかでも、春夏におすすめしたいチーズ5種をご紹介します。今回ご紹介するのは全て、山羊、羊のミルクを使用したチーズです。


「茶臼岳」

那須高原今牧場チーズ工房 (栃木県)
「茶臼岳」那須高今牧場チーズ工房(栃木県)

「茶臼岳」那須高今牧場チーズ工房(栃木県)


良質な山羊のミルクでつくられる茶臼岳。形はフランスのチーズ、ヴァランセにそっくりで、JAL国際線ファーストクラスのメニューにも採用されたチーズです。味は臭みがなくてとても食べやすく、口の中でミルクの優しさが広がります。5月~11月までの季節限定チーズです。

 

「シェーブル・白カビ」

ギャルソンチーズ工房 (群馬県)
山羊のミルクで作られるチーズです。作り手は、彫刻家の熊井淳一さんです。彫刻家が作る山羊のチーズ?どんなチーズ?とそれだけで興味深いはず。味は、シェーブルのパワフルさを残しつつ、まろやかで、凝縮感があります。


「シェーブル・灰まぶし」

ギャルソンチーズ工房 (群馬県)
右上:「シェーブル・白カビ」、右下:「シェーブル・灰まぶし」ギャルソンチーズ工房(群馬県)

右上:「シェーブル・白カビ」、右下:「シェーブル・灰まぶし」ギャルソンチーズ工房(群馬県)


同じく、彫刻家・熊井さんの山羊のミルクで作られるチーズです。木炭粉をまぶしてあるので真っ黒な外観、とてもインパクトがあります。お味の方はフレッシュな酸味が特徴的です。

 

「イルリコッターロのリコッタ」

「イルリコッターロのリコッタ」undefinedイルリコッターロ(岡山県)

「イルリコッターロのリコッタ」 イルリコッターロ(岡山県)

イルリコッターロ (岡山県)
今回いただいたのは、山羊80%、羊20%のリコッタ。羊のミルクの方が少なめですが、羊のミルクの甘さがしっかり感じられます。そして山羊のミルクのおかげなのか、濃厚すぎることはなく、とてもフレッシュでさわやかな味わいです。

 

「イルリコッターロのカチョッタ」

「イルリコッターロのカチョッタ』undefinedイルリコッターロ(岡山県)

「イルリコッターロのカチョッタ』 イルリコッターロ(岡山県)

イルリコッターロ (岡山県)
山羊80%、羊20%の混合乳のセミハードです。一番に山羊の香りが感じられ、だんだんと羊のミルクの甘みと丸みが余韻として残ります。じっくりと味わいたいチーズです。




国産チーズは、ここ数年で目覚ましく発展してきています。情熱のある作り手さん達が外国で修行し、日本でその技術を生かして思い思いのチーズづくりをしています。かつての日本では、プロセスチーズが一般的でしたが、ナチュラルチーズのヴァリエーションが増え、工房がどんどん誕生し、現在ではそのレベルは欧州に負けないほど。今後の発展が大きく期待されます。もっともっと日本のチーズを知って、味わってみてほしいものです。

パンの右から時計周りに「茶臼岳」「シェーブル・灰まぶし」「シェーブル・白カビ」「イルリコッターロのリコッタ」「イルリコッターロのカチョッタ」

パンの右から時計周りに「茶臼岳」「シェーブル・灰まぶし」「シェーブル・白カビ」「イルリコッターロのリコッタ」「イルリコッターロのカチョッタ」


<工房データ>
■那須高原今牧場チーズ工房
住所:栃木県那須郡那須町大字高久甲5898
TEL:0287-74-2580
ホームページ:http://www.cheesekobo.com

■ギャルソンチーズ工房
住所:群馬県勢多郡富士見村石井1833-33
TEL:027-288-5590

■イルリコッターロ
住所:岡山県真庭市蒜山中福田960-31
TEL:0867-44-1255
ホームページ:http://ricottaro.exblog.jp
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。