旧市街に佇むシチリアンバロックの教会

gezu1

精巧な象嵌細工の内装が美しいジェズ教会

マルトラーナ教会やプレトーリア広場があるエリアから、マクエダ通りを渡った旧市街の細い路地(ポンティチェッロ通り)を進むと左手に見えてくる教会が、ジェズ教会。教会の前を直進すれば、パレルモ最大の市場バッラロの入り口。効率よくルートを組んで、ぜひとも拝観したいパレルモの重要な教会のひとつです。

gesu2

見応えあり過ぎ?!な見事な装飾

1549年、シチリアに上陸したイエズス会の修道士たちは、当時の副王の庇護の元、現在の教会があるエリアを拠点に影響力を増大させ、1564年~1578年にかけて教会建築に着手。

紆余曲折を経て、1636年には完成したものの、内部装飾はその後200年ほど続いたと言われています。この教会の見どころは、何と言ってもその類稀なる贅沢な内装でしょう。シチリアを代表するシチリアン・バロックの傑作に数えられるのもの納得の、大理石の象嵌細工やスタッコ細工が乱舞する、まさに一見の価値ありの装飾が見られます。

<DATA>
■ジェズ教会 La chiesa del Gesu’
住所:Piazza Casa Professa
TEL:329-7131635
開場時間:9:30~13:30 (8月は~18:30)
休日:日・祝
料金:2ユーロ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。