ブル・ベア型には3.5倍も登場

指し値注文や信用取引、あるいはデイトレードができないことから、短期的な売買ではETFに対して劣勢に立たされている投資信託。けれども、レバレッジではETFを上回っていることを見逃してはなりません。相場の転換点を上手く捕らえれば、中長期では大きな成果を得られるのです。

日本株を投資対象とするベル・ベア型ファンドでは、楽天投信投資顧問が運用する「楽天日本株トリプル・ブル」、「楽天日本株トリプル・ベア2」と、SBIアセットマネジメントが運用する「SBI日本株トリプル・ブルベアオープン(SBI日本株トリプル・ブル)、(SBI日本株トリプル・ベア)」の4ファンドが日本株市場全体の日々の値動きの概ね3倍の収益が期待できる投資信託でした。

日々の値動きの概ね3倍の収益が期待できるのですから、先に述べた日本株ブル型ファンドの2013年1年間の収益率は、約170%だったことになります。その日本株のブル・ベア型ファンドに日々の値動きの概ね3.5倍の収益が期待できる商品が新規設定されました。

野村アセットマネジメントが2014年6月11日に設定した「野村日本株3.5倍ブル・ベアファンド」です。運用が開始されたばかりなので運用履歴はほとんどありませんが、たとえば日経平均株価が後場に急騰した6月13日。日経平均株価は前日と比較して124円31銭の値上がり、値上がり率は0.81%でした。

同日、野村日本株3.5倍ブル・ベア(日本株3.5倍ブル)の基準価額は、前日と比較して346円高、値上がり率は3.5%と大幅な上昇となりました。反対に、野村日本株3.5倍ブル・ベア(日本株3.5倍ベア)の基準価額は、同356円安、値下がり率は3.5%でした。

共に4倍を超える収益率になりましたが、運用が続くに従い概ね3.5倍の収益率に収れんしてくるはずです。資産形成には縁遠い商品かもしれませんが、今後どのような収益率をあげるのか、あるいは騰落率ランキングの常連ファンドになるのか興味は尽きない投資信託と言えそうです。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。