投資信託 ガイド 深野 康彦

ふかの やすひこ

生活者の家計と人生に寄り添う、お金相談のエキスパート!

業界歴30年以上となり、FPのなかでもベテランの域に。さまざまなメディアを通じて、家計管理の重要性や投資の啓蒙など、お金周り全般に関する情報を発信しています。

好評連載『マネープランクリニック』にて、ユーザーからの相談に長続きできる無理のない家計管理法をアドバイスしています。

得意分野

資産運用全般、保険の見直し、住宅ローン、税金、年金、家計管理から節約など。一般家庭の家計の悩みからマクロ経済まで、お金に関する全般

活動実績

執筆ガイド記事本数325
メディア掲載実績29
執筆書籍数10

ガイドからの挨拶

皆さんこんにちは。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦です。

万人に共通の正解となるライフプランは残念ながら存在しません。1人1人が自分の生活をしっかり見つめて、ライフデザインを確立していくことが、これからの資産運用(家計管理)の第一歩となることでしょう。

「日本人は人と同じことをやっていると安心」と言われていますが、安心と自分自身(=わが家)にとって、ベストなプランは別問題だということを認識しなければなりません。横並び意識は捨てて、家計の独立を考えていくことが大切になるのです。

そのためのお手伝いをするべく、家計管理から資産運用、税金から年金、果てはマクロ経済からミクロ経済まで、私たちにかかわりのあるお金周り全般について、皆さんに有益な情報をわかりやすい言葉で、かつタイムリーにお届けできるように頑張っております。

お金について具体的な悩みをお持ちの方、将来への漠然とした不安をお持ちの方は、まずは『マネープランクリニック』をご覧になってみてください。相談者がいかにストレスなく、気持ちよくお金とつきあっていけるかを念頭に、実現可能で無理のない家計管理方法、人生のヒントを提案しています。様々な家計のケースを参考に、ご自身のライフプランについて考えてみるきっかけにしていただければ幸いです。

メディア掲載実績

雑誌PRESIDENT WOMAN
10年後に困らない「お金の教科書」2019 投資編 最新!初心者のための「ロボアド」運用講座
2018年12月07日
新聞東京新聞
株損失の確定申告で社会保険負担増 国保・介護 算定の違い注意
2017年02月23日
新聞北陸中日新聞
株損失の確定申告で社会保険負担増 国保・介護 算定の違い注意
2017年02月23日
新聞日刊県民福井
株損失の確定申告で社会保険負担増 国保・介護 算定の違い注意
2017年02月23日
新聞中日新聞
株損失の確定申告で社会保険負担増 国保・介護 算定の違い注意
2017年02月23日

ガイドの新着記事

  • 家計の貯蓄は減っている?去年と比べて0.1%減少の1860兆円

    家計の貯蓄は減っている?去年と比べて0.1%減少の1860兆円

    日本銀行が2019年9月20日に公表した「資金循環統計」によると、2019年6月末現在、家計の金融資産残高は2018年6月末と比較して0.1%減少の1860兆円でした。減少となったのは2018年12月末以来、2四半期ぶりのことです。ただ、超低金利にもかかわらず現金・預金の残高は過去最高を更新しています。その内容を詳しく見ていくことにしましょう。

    掲載日:2019年09月28日預金・貯金
  • 新たなテーマとして期待したい!世界ツーリズムファンド

    新たなテーマとして期待したい!世界ツーリズムファンド

    積立投資による資産形成は王道といえますが、株価が大きく上昇したなどのニュースを見聞きすると個別株やテーマ株ファンド、あるいはレバレッジを活用した商品にも投資を行いたくなるもの。王道の資産形成は「コア資産」として、余裕資金があるのであれば「サテライト資産」としてこれらの商品に投資するのも一つの手と考えられます。サテライト資産向けの投資信託として世界の観光産業を投資対象とする商品を紹介しましょう。

    掲載日:2019年07月28日投資信託

All About NEWS 新着記事

  • バイトの時給が1000円超なら、正社員よりバイトの方がいい?

    2019年度の最低賃金は、全国平均で27円増の901円になる予定ですが、東京などの一部では最低賃金(時給)が1000円を上回るようです。正社員の収入には向かい風という強風が吹きつけています。時給1000円超を貰えるなら、いっそアルバイトで暮らしたほうが割・・・

    2019年08月17日

  • 消費増税による景気悪化は避けられない!?

    消費税は予定通り2019年10月に引き上げられる予定です。今回の消費税の引き上げにより「景気の悪化」を強く意識する必要があります。その理由とは……

    2019年06月19日