投資信託 ガイド 深野 康彦

ふかの やすひこ

業界歴24年目のベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の重要性や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。

好評連載『マネープランクリニック』の相談にアドバイスをしています。

得意分野

資産運用全般、保険の見直し、住宅ローン、税金、年金、家計管理から節約。果てはマクロ経済から家計の悩みまでお金に関する全般について詳しい。

活動実績

執筆ガイド記事本数373
メディア掲載実績28
執筆書籍数7

ガイドからの挨拶

皆さんこんにちは。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦です。
万人に共通の正解となるライフプランは残念ながら存在しません。
1人1人が自分の生活をしっかり見つめて、ライフデザインを確立していくことがこれからの資産運用(家計管理)の第1歩となることでしょう。「日本人は人と同じことをやっていると安心と言われますが、安心と自分自身(=わが家)に取ってベストなプランは別問題」ということを認識しなければならないのです。横並び意識は捨てて、家計の独立を考えて行くことが大切になるのです。
そのためのお手伝いをするべく、家計管理から資産運用、税金から年金、果てはマクロ経済からミクロ経済まで、私たちにかかわりのあるお金周り全般について、皆さんに有益な情報をわかりやすい言葉で、かつタイムリーにお届けできるように頑張って行きたいと思います。

メディア掲載実績

新聞東京新聞
株損失の確定申告で社会保険負担増 国保・介護 算定の違い注意
2017年02月23日
新聞北陸中日新聞
株損失の確定申告で社会保険負担増 国保・介護 算定の違い注意
2017年02月23日
新聞日刊県民福井
株損失の確定申告で社会保険負担増 国保・介護 算定の違い注意
2017年02月23日
新聞中日新聞
株損失の確定申告で社会保険負担増 国保・介護 算定の違い注意
2017年02月23日
雑誌PRESIDENT WOMAN
今から始める確定拠出年金(401k)
2016年06月07日

ガイドの新着記事

  • 家計の金融資産は1829兆円。年度末ベースで過去最高額

    家計の金融資産は1829兆円。年度末ベースで過去最高額

    日本銀行が四半期ごとに公表する資金循環統計によれば、家計の金融資産額は2018年3月末で1829兆円となりました。比較可能な2004年以降では過去最高額を更新しました。現預金の増加、株価上昇で評価額が膨らんだことがその背景にあるようです。詳しく見ていくことにしましょう。

    掲載日:2018年07月09日貯蓄
  • 2018年夏の高金利定期・ボーナスキャンペーン情報

    2018年夏の高金利定期・ボーナスキャンペーン情報

    2018年夏のボーナス支給額は、去年の夏と比較すると大幅に増えると予想されています。せっかくもらえる大切なボーナスは有効に活用したいものです。虎の子だからこそ安全確実に運用と考える人も多いことでしょう。堅実派のために、今夏の銀行のボーナスキャンペーンと高金利定期預金の動向を見ていきましょう。

    掲載日:2018年06月29日預金・貯金