新しいタブレットが登場すると、画面のサイズや解像度、CPUが注目されますが、『重さ』を忘れていないでしょうか?IT機器が普及してきた歴史の裏には、必ず重さが関係しており、軽くなるほど、利用者と利用範囲を増やして来たと言っても過言ではありません。

最近では、AppleのiPadが、大きさは変えず、重量が652gから469gになり、28%もの軽量化を行っています。これは、さらに軽くなることで、iPadが毎日持ち歩ける身近な端末であることを、多くの人に感じて欲しいという狙いがあるはずです。
ライトウエイトクラスのXperia Z Ultra

ライトウエイトクラスのXperia Z Ultra


今回は、見逃されがちなタブレットの「重量」に着目していきます。

重量ごとで、ライト、ミドル、ヘビーにカテゴリ分けして、それぞれで、どのような製品が存在し、どのような使い勝手になるのかをご紹介していきます。最後では、選びか指南もあります。

次のページでは、ライトウエイトクラスをご紹介します。