空港はありますが、日本からの直行便はなく、バンクーバーで乗り継ぎとなります。また、ビクトリアはバンクーバー島にあるため、バンクーバーからのフェリーや水上飛行機など、海上の交通手段でもアクセス可能です。

アクセス1 飛行機

バンクーバーからは国内線で約25分。成田からバンクーバーへの直行便を利用して乗り継げば、午後早い時間帯での同日到着が可能です。その他、カナディアンロッキーの最寄り空港カルガリー、アメリカのシアトル、サンフランシスコなどからの定期便も運航中。 ビクトリアの空港は市内中心から車で30分ほどのところにあり、シャトルバスや市バス、タクシーでアクセス可能。空港からダウンタウンへの料金はシャトルバスが片道25カナダドル、タクシーだと約60カナダドルに10%程度のチップが必要です。ビクトリア空港はアメリカからのフライトもあるので、名目上国際空港ですが、小さな地方空港といった趣きなので、空港内で迷うようなことはありません。

アクセス2 フェリー

フェリーでの船旅も楽しみ。undefined(C) Tourism Victoria

フェリーでの船旅も楽しみ。 (C) Tourism Victoria

本土とバンクーバー島の間に多くの航路を持つBCフェリーが利用できます。バンクーバーから所要1時間35分でアクセスできますが、バンクーバー側のターミナルがあるツワッセンという町は市内から約45分、ビクトリア側のターミナルであるスウォーツベイは車で約30分とやや距離があるので、フェリーでの移動時間だけでなくターミナルまでの時間も計算しなくてはいけません。

パシフィックコーチライン(通称PCL)というバス会社が、バンクーバーのバスターミナルからビクトリアのバスターミナルまで所要時間約2時間45分で、路線バスを走らせています。この路線バスはバスごとフェリーに乗り込むため、バスからフェリーへの乗り換えの必要もなく、バス運賃にはフェリー運賃も含まれています。バンクーバーのバスターミナルはダウンタウンの東側にあり、スカイトレインで約10分、ビクトリアのバスターミナルはダウンタウンのど真ん中に位置するフェアモント・エンプレス・ホテルのすぐ隣なので、旅行者には大変便利。

フェリーは大型で、穏やかな内海を通るため、揺れも少なく、船酔いを心配される人でも大丈夫。少々時間がかかりますが、航路の途中、小さな島々が浮かぶ海峡を抜けるなど、美しい船旅が楽しめるので、往復どちらか少なくとも片道はフェリーの利用がおススメです。

<DATA>
BC Ferry
料金:大人17カナダドル、子供9カナダドル(シーズンにより多少変動あり)、普通車1台55カナダドル
スケジュール:閑散期2時間おき、繁忙期1時間おきの運航

Pacific Coach Line
料金:大人42.50カナダドル、子供21.65カナダドル(シーズンにより多少変動あり。フェリー代金は別)
スケジュール:上記フェリーのスケジュールに準ずる

アクセス3 水上飛行機

水上飛行機はカナダでは一般的な交通手段undefined(C) Tourism Vancouver

水上飛行機はカナダでは一般的な交通手段 (C) Tourism Vancouver

日本ではあまりなじみがありませんが、海のそばはもちろん内陸部でも湖の多いカナダで水上飛行機はとっても身近な移動手段。特にバンクーバーとビクトリアは、どちらもダウンタウンの目の前が海。ですから、空港に行くよりも海から飛行機で飛んだほうが、断然便利なんです!

ハーバーエアとウェストコーストエアの2社が運航しており、所要時間は約35分。移動時間では水上飛行機にかなうものはなく、ビジネスマンの出張などにも頻繁に利用されています。ただし、機体が小さいため、乗り心地はお世辞にも良いとは言えず、最速の移動手段だからという割り切りが必要です。また、定員15名から20名程度の小型機なので、飛行機が苦手という人も避けたほうが良いでしょう。

<DATA>
Habour Air
料金:200カナダドル+税
スケジュール:1時間おき。平日の朝夕は30分おきに運航

Westcoast Air
料金:200カナダドル+税
スケジュール:平日は1時間おき、週末は2~3時間おきに運航

アクセス4 ビクトリアクリッパー

ユニオンジャックがデザインされた船はインパクト十分!undefined(C) Tourism Viotoria

ユニオンジャックがデザインされた船はインパクト十分! (C) Tourism Viotoria

ビクトリアは海を挟んだ南側がアメリカで、最も近い大都市のシアトルとはビクトリアクリッパーと呼ばれる高速船で結ばれています。この船はフェリーではなく、乗客のみを運ぶ高速船。ビクトリア、シアトル双方ともに、ダウンタウンに面した港にターミナルがあり、徒歩でアクセス可能。高速船なので、少々揺れます。船に弱い人は避けた方が無難でしょう。

<DATA>
Victoria Clipper
料金:片道173米ドル(シーズンにより異なる)
スケジュール:1日1~3往復(シーズンにより異なる)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。