PowerPointで作成したスライドを他の人と共有する方法はいろいろあります。同じ会社であれば、会社のサーバーに保存しておくと、関係者が自由に閲覧・編集できます。社外の人であれば、メールにスライドを添付して送信する方法もあります。ただし、スライドに写真や動画などを挿入するとファイルサイズが大きくなり、メールに添付できない場合があります。また、複数の人と何度もやり取りをする場合はメールは少々面倒です。

社内の人、社外の人関係なく第三者とPowerPointのスライドを共有するには、マイクロソフトの「OneDrive(旧名称はSkyDrive)」を利用すると便利です。

「Web上で無料のPowerPointOnlineを利用する」の記事で説明したように、OneDriveはマイクロソフト社のクラウドサービスのひとつで、マイクロソフト社が提供している無料で使えるWeb上の保存場所のことです。OneDriveを使えば、Web上の保存場所を介して誰とでもファイルのやり取りが可能です。

OneDriveに保存したファイルを共有する

まず、「Web上で無料のPowerPointOnlineを利用する」の記事の手順で、第三者と共有したいPowerPointのスライドをOneDriveに保存します。ここでは、PowerPoint2013で作成した「ブラッシュアップ研修」のファイルをOneDrive内の「ドキュメント」フォルダーに保存しました。
あらかじめ、共有したいスライドをOneDriveに保存しておく。OneDriveに保存するには、Microsoftアカウントが必要だ

あらかじめ、共有したいスライドをOneDriveに保存しておく。OneDriveに保存するには、Microsoftアカウントが必要だ


次に、共有したいスライドの右上にマウスポインターを移動して、チェックを付けます。
タイルの右上にマウスポインターを移動すると、チェックボックスが表示される

タイルの右上にマウスポインターを移動すると、チェックボックスが表示される


チェックが付いたことを確認し、画面上部の「共有」をクリックします。
複数のスライドにチェックを付けておけば、まとめて共有できる

複数のスライドにチェックを付けておけば、まとめて共有できる


次に、共有相手を指定します。