任天堂がやると、他もやりやすくなる

マリオカートの図

Wii Uの「マリオカート8」は、ゲームのハイライト動画をYouTubeへアップする機能が搭載されています

今回公式Twitterでなされたお知らせは、頑固爺さんが「ワシャあ、ゲーム実況を応援するぞ!」と公言したようなものです。お知らせにもあった通り、もともとYouTubeでは許諾を行っていたわけですが、それをわざわざもう一度告知して、さらにアフェリエイトプログラムを用意していることを明かしました。

このことは、ゲーム実況をしたいユーザーに対してはもちろん、任天堂プラットフォームでゲームを発売するゲームメーカーに対しても、強いメッセージになります。「おい、爺さんゲーム実況を応援するってよ! 俺たちもなんかやっか!」と、考える若い衆も出てくるかもしれません。

任天堂の意向がはっきりと外に向かって打ち出されたことで、他のメーカーも動きがとりやすくなります。

シェア機能で盛り上がるPS4

PS4の図

PS4ではハードに最初からシェア機能として動画配信機能が備わっています

そもそも、ゲーム実況に関しては任天堂のライバルであるSCEがより積極的な姿勢を見せていました。SCEの次世代据え置きハード、PlayStation4(以下PS4)では、ゲームの動画をPS4から直接Ustreamやニコニコ動画などに配信できるシェア機能を搭載しています。

PS4さえオンラインに接続させていれば動画を配信できるということで、これまで機材がなかったり知識がなかった人も、ゲーム動画をUPさせることができます。また、ゲームのエンディングなど、メーカーが動画をUPしてほしくない場面は、録画の「禁止区間」を設定することができ、ユーザーにも、そしてメーカーにも配慮した仕様となっています。逆にいえば、禁止区間以外は動画をUPしてもいいというサインでもあるわけで、これは大変に画期的なことです。

今回の任天堂のお知らせがあったことで、PS4で盛り上がっている状況とあわせて、ゲーム業界全体がゲーム実況により積極的にかかわる流れができていきそうです。