七里ヶ浜
~遠浅の岩盤で海藻観察、古戦場の歴史も

七里ヶ浜の磯

大潮の干潮時、姿を現す七里ヶ浜の磯

江ノ電七里ヶ浜駅で下車し、まっすぐ海に向かって歩いていきましょう。国道134号線の信号を渡ると、七里ヶ浜の駐車場に出ます。ここから階段を下りてみてください。

岩盤に海藻が生える様子を観察できる

岩盤に海藻が生える様子を観察できる

普段は何の変哲もない海なのですが、大潮の干潮時には、広大な磯が見えてきます。七里ヶ浜~稲村ヶ崎辺りまで、大人のくるぶしからももまで水につかる程度の平らな岩盤が広がっており、ヤドカリや魚などを見ることができます。

ここでは特に、海藻が岩盤から生えている様子をよく観察できます。茶色いワカメや、ところてんの材料となる赤いテングサ、スポンジのような手触りの緑のミルなど。

稲村ヶ崎の砂鉄

砂鉄で黒く見える稲村ヶ崎の砂浜

浅瀬で生き物探しをしながら、稲村ヶ崎の方まで歩いてみましょう。稲村ヶ崎辺りの砂浜は、真っ黒。砂に多く砂鉄が含まれています。磁石を持って行って、お子さんと、砂鉄を付けて遊んでみるのも楽しそう。中世にはこの砂鉄を使って、刀などの鉄製品も作られていたようです。

稲村ヶ崎は、鎌倉時代の武将・新田義貞の鎌倉攻めで知られる場所です。新田義貞が黄金の太刀を海中に投げ入れて祈ると、みるみる潮が引いて道ができたそう。新田軍はときの声を上げて海を渡り、鎌倉幕府を攻め滅ぼしたといわれています。新田義貞は、この干潮時に出現する磯などを利用したのかもしれないな……武士たちに思いを馳せ、歴史の情趣に浸りながらの海岸散歩もいいですね。

鎌倉海浜公園稲村ヶ崎地区

鎌倉海浜公園稲村ヶ崎地区

階段を上って、鎌倉海浜公園稲村ヶ崎地区へ。水道やトイレがあります。七里ヶ浜の海や江ノ島を見下ろす、のびやかな芝生広場でお弁当を食べるのもおすすめ。ただし、食べ物をトビに取られないよう注意してくださいね。

※かつては稲村ヶ崎海水浴場も開かれていましたが、海岸侵食などの影響もあり、現在、七里ヶ浜は遊泳禁止です。

<DATA>
■七里ヶ浜の磯
アクセス:江ノ電七里ヶ浜駅より徒歩5分

■七里ヶ浜~稲村ヶ崎海岸地図
Yahoo!地図情報