ハンブルクとドイツ北部の料理

北ドイツ名物の代表は「マチェス」という若ニシンの塩漬け ©Gosch Sylt

北ドイツ名物の代表は「マチェス」という若ニシンの塩漬け ©Gosch Sylt

北海とバルト海に面した北ドイツは、ドイツでは唯一シーフードメニューが豊富な地方。北ドイツに欠かせない名物は「マチェス」と呼ばれる若ニシンのフィレの塩漬け。クリームソースをつけたり、サラダに入れたりして食べます。玉ネギやサラダと一緒にパンにはさめば、北ドイツ風ファーストフードのできあがり。

■ハンブルクの名物料理
北ドイツ定番の魚料理は「フィンケンヴェルダーショレ」。「フィンケンヴェルダー」はハンブルク郊外の地名で、「ショレ」はドイツ語でカレイのこと。カレイのソテーにベーコンソースをかけた料理です。ウナギのスープを意味する「アールズッペ」も名物料理のひとつ。ウナギと一緒に野菜や肉などを煮込んだ、少し酸味のきいたスープです。

一説では、ハンブルクはハンバーグの故郷と言われています。元祖ハンバーグと考えられているのが「フリカデレ」。挽き肉に卵、玉ネギ、パンを混ぜて丸めて焼いた、ハンブルク生まれと言われる料理です。ドイツからの移民と共に、「フリカデレ」もハンブルク港からアメリカに渡ったと言われています。「フリカデレ」はドイツのどこででも食べられるポピュラーなメニューで、ソーセージのようにマスタードをつけてパンにはさんで手軽にも食べてもグー。玉ネギソースで煮込んだものは、ドイツの煮込みハンバーグといった感じですよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。