在宅ワーカーの保活事情

保育園

子どもたちの笑顔のためにも、まずは自分の仕事を見直しましょう

「育児をしながら仕事ができる」と在宅ワークは紹介されがちですが、これは正確に言えばNO! 在宅ワークは、職種や仕事の分量はもちろん、働く時間も選べるワークスタイルですが、本格的に仕事を始めるとなると、保育園や幼稚園、学童などを上手に利用しながら、仕事のペースを整えている在宅ワーカーが多いのが事実。私や周囲の在宅ワーカーの経験では、“家事と育児の間に仕事ができる”のではなく、“仕事の合間に家事や育児ができる”といったイメージなのです。

厚生労働省が発表した平成25年4月1日時点での保育所の定員や待機児童の状況によると、保育所定員は、平成24年4月に比べ、4万9千人増加し、待機児童も年々減少しています。しかしながら、まだまだ待機児童数も多く、希望した全員がすぐに入園できるというわけではありません。これは自治体により大きな差異があることが問題となっています。

認可保育園への入園は、定員や希望者が超えた場合、「家庭で保育できない事情」を確認し、より保育が困難な方から入園を決定するといった選考方法がとられます。先着順や抽選での決定はありません。この観点から考えると、自宅で働く在宅ワーカーは、会社で働くワーカーに比べて不利といった印象を受ける人も多いでしょう。しかし、在宅ワーカーでも認可保育園にお子さんを預けながら仕事をしている人は大勢います。その準備について、具体的にご紹介していきましょう。

在宅ワーカーでも認可保育園は利用できるの!? 保活を成功させる方法とは?