同じ幅で9年前よりも小型冷蔵庫1個分も容量UP!

三菱冷蔵庫WXシリーズ MR-WX71Y(2014年6月27日発売予定/想定価格42万円前後)

三菱冷蔵庫WXシリーズ MR-WX71Y(2014年6月27日発売予定/想定価格42万円前後)


週末に食材をまとめて買ったももの、冷蔵庫に入りきらなくて困った経験はありませんか? 夏場はもちろんのこと、LDKの間取りの家では冬場もキッチンの温度は高めなので、米や調味料、菓子など常温保存できるものでもなるべく冷蔵庫に入れておきたいところですが……。

そこで三菱電機から登場したのが、業界最大容量705Lの冷蔵庫です! 独自のウレタン発泡技術を使用して本体幅のスリム化をはかりつつ、9年前の同幅(80.0cm)の同社冷蔵庫と比較して、160Lも容量UP。これは小型冷蔵庫1個分くらいに相当するそうです。


買った食材の鮮度を2つの機能で維持!

左がチルドに1週間入れたひき肉、右が「氷点下ストッカー」に1週間入れたひき肉

左がチルドに1週間入れたひき肉、右が「氷点下ストッカー」に1週間入れたひき肉

さらに嬉しいのが、買った食材を新鮮な状態で保てる2つの機能。-7℃で芯から均一に凍らせる「切れちゃう瞬冷凍」に加え、今年はチルド室より低い-3~-0℃で保存する「氷点下ストッカー」を搭載。氷点下でも凍らないので、たとえば肉のドリップ流出がおさえられるなど味を落とさず鮮度を保つことが可能に。

「まとめ買いしたものはとりあえず冷凍」ではなく、2~4日で使い切るものはチルド、1週間なら「氷点下ステッカー」、2~3週間保存したいものは「切れちゃう瞬冷凍」、1ヶ月以上なら冷凍、と使用タイミングにあわせた保存に変えれば、食材をよりおいしい状態で使い切ることができそうですね。

週末まとめ買い派におすすめの冷蔵庫、ぜひチェックしてみてはいかがでしょう。

【関連リンク】
置けるスマート大容量WXシリーズ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。