「冠」の実勢価格

LHの冠

軽いヒンジ跡のある「冠」(参考価格10万円)

日本切手の記念切手としては最も高価とされる「冠」ですが、切手の保存状態によって大きく値段が異なります。今回の記事を書くにあたって、ある日本切手の専門店に聞いたところ、「状態にもよりますが、10万円出せば、まあまあの「冠」が買えます。下は5万円くらいからありますよ」とのことでした。つまり、パッと見は美しくても、よく見ると小さな欠陥のあるような「冠」がざっと10万円、もう少し大きな欠陥のある二級品で5万円くらいで買えるということです。 (2014年5月時点)

切手の状態の表記について

冠裏面

「冠」の裏面をピンセットで持ち上げて観察しているところ。

切手の状態は表と裏を見て、切手の品質・目打・刷色(発行当時の状態に近いか)・折り目やしわ・裏糊の状態などを総合的に判定した結果です。VFは極美品~美品、Fが美品~平均的な状態、Gは軽度の欠陥のあるものの扱いとなります。簡単にまとめると、以下の通りです。

VF:極美品~美品(一級品)。Very Fineの略。
F:美品(平均的な状態・一級品)。Fineの略。
G:軽度な欠陥(二級品)。Goodの略。
D:強い欠陥(三級品以下)。Defectなどの略。

ヒンジ跡の表記

ヒンジ跡付きの記念切手

ヒンジ跡のある記念切手。ここまで来ると、ヒンジ跡あり(HR)となる。

ヒンジ跡の有無や裏糊の状態については、次のような記号を使うのが一般的です。なお、切手用のヒンジについては、過去の記事で解説をしていますので、そちらをご覧ください。

NH:ヒンジ跡無し。つまり発行されたままの状態。Never-Hingedの略。
LH:軽いヒンジ跡あり。Lightly Hingedの略。
HR:ヒンジ跡あり。Hinge Remainingの略。
OG:裏糊あり。Original Gumの略。
NG:裏糊落ち。No Gumの略。

記号の定義や考え方は、オークションハウスや切手商ごとに微妙に異なる場合がありますので、特に高額の切手を買うときに疑問があれば、事前にお問い合わせしておくと良いと思います。
切手の状態表記の凡例

切手表記の凡例(川口スタンプ社のオークション誌より)

続いて、次のページでは、具体的にどんな切手を選びたいか考えてみたいと思います。