レヴォーグを6月20日に発売延期

スバル・レヴォーグ

レガシィの後を継いでデビューするスバル・レヴォーグ。発売延期で待たされる人も多いだろうが、注目度の高さは期待の高さの表れともいえるだろう

「アイサイト3」ユニットの量産体制に万全を期すため――。スバル・レヴォーグの発売開始を心待ちにしていた人は、オーダー済みであれば当然ディーラーから説明があったはずだが、グレード別で5月または6月としていたレヴォーグの発売予定時期が6月20日にずれ込んでいる。

納車を待っていた人はガッカリしたはずだが、レヴォーグもしくはステーションワゴンを狙っていた人にとってはじっくりと考える時間ができたともいえるかもしれない。

なお、「アイサイト」を生産する日立も大変だろうが、スバルに限らず衝突回避・被害軽減ブレーキの採用と生産は、素人が考えるほど簡単ではないらしい。日産デイズルークス/三菱eKスペースは採用を急いでいるが、間に合わず。

簡単に“ポン付け”できるものでもないのは、アクセラではトヨタのHVシステムを使っているハイブリッドに「スマート・シティ・ブレーキ・サポート」の設定がなく、間に合わなかったことからも分かる。

レヴォーグの強みとは?

スバル・レヴォーグ・シート

レガシィよりも少しだけ小さくなったものの、積載性や居住性は犠牲になっていない

さて、スバル・レヴォーグの強みは、その「アイサイト3」の標準装備(最廉価の1.6GTには未設定)と新開発1.6L直噴ターボ「DIT」エンジンの存在だろう。レギュラーガソリンでエコカーでは「免税」になるうえに、プロトタイプの試乗であるが動力性能の面でもまったく不足を感じさせなかった。

確かに、2.0Lターボの300ps/400Nmはパワー重視であれば間違いなく魅力的だが、13.0km/Lにとどまるカタログ燃費とハイオク指定を考えると、16.0~17.4km/Lの1.6Lの経済性の高さには太刀打ちできない。

レガシィの時代からスポーツモデルと普及価格帯仕様との差は大きかったが、レヴォーグは1.6Lターボの完成度が高いだけに、2.0Lターボの指名買い以外は1.6Lターボをチョイスしても十分に満足できるだろう。

レヴォーグの価格帯は、免税対象車になる1.6Lが266万7600円~305万6400円。2.0Lが334万8000円~356万4000円。価格的にまずぶつかるのが、フォルクスワーゲンのゴルフヴァリアントで、280万円~335万円。

次ページは、フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントについて