外国人母子

母と娘の関係は、複雑。お互いに見る目が厳しく、理解を求め合いがち

恋愛がうまくいかない女性のなかには、母親との関係が良好ではない人が多く、母親自身が男性不信というパターンも多いようです。

筆者のブログ
でも、母娘関係についてのアクセスが一番多く、たくさんの人が悩んでいると思われます。過去のコラムでも、お伝えしていますが、恋愛をつかさどるチャクラ(第2チャクラ:子宮)は、母親との関係と同じ場所。つまり、母親との関係、母親の価値観が、女性の恋愛に強く影響すると考えられます。筆者の亡き母との具体的な体験を交えながらお伝えします。


「恋に溺れるなんて、はしたない」

小さいころ両親は仲がよく、母はいわゆる「良妻賢母」タイプでした。料理、裁縫が得意で、子ども好き。歌ったり、絵本を読んでくれたり、お弁当を作っては公園に連れていってくれました。反面、行儀や姿勢、言葉づかいに厳しく、テレビや服装などの選択権はありませんでした。母の美徳から外れる価値観は、すべて否定、批判され、とにかく「感情」を抑制されました。

短大に入学した年、姉が家を出て、母と二人暮らしになりました。保育科での学びで、母の教育観の良さばかり目につき、私は、過去の不満を封印し、母を尊敬し直しました。母を肯定することで、苦手な母との二人暮らしに本能的に備えたのかもしれません。同時に、母を認めるほどに、自己否定は強まりました。

母の恋愛観にも影響されました。

「恋に溺れるのは、はしたない」
「(彼とくっつくと)汚らわしい


私は、恋愛やセックスを否定する母に育てられたのです。