毒親・毒母とは何か?母親もまた人生に迷い問題を抱えている

毒親・毒母とは何か?

毒親・毒母とは何か?

赤坂真理の小説『東京プリズン』の冒頭で、主人公マリはアメリカから日本の母親に電話をかけた15歳の自分へ、こう語りかける。「母親に相談してはいけない」。
「母親に相談してはいけない。……母親はあなたと同じかあるいはそれ以上に混乱している。その混乱を、自分一人では解けずに無意識にあなたに譲り渡した。できれば母親の混乱を、いっしょに考えてやってほしい。」

出典:『東京プリズン』 著:赤坂真理 河出書房新社刊 2012年
赤坂真理『東京プリズン』

赤坂真理『東京プリズン』

「どうして私をアメリカに送ったの」と母親にぶつけたマリの孤独に対し、母親はその明確な答えを持たない。もし明確に答えられたとしても、それはあらかじめ娘に向けて再生すべく用意されたものであって、母親本人も心から確信しているわけではなく、いくらでもブレる可能性を秘めている。

母親もまた、子どもをどうしてやればいいのか、どう言葉をかけ接すればいいのか迷っている。それ以前に母親もまた、人生に迷い、事情を抱え、問題を抱えている。

「母親に相談してはいけない」。子どもが一番心のよりどころにしたいであろう母親が、相談できる相手じゃないなんて、なんという喪失感だろう。

 

母親が子どもに渡す「毒」

世の母親は誰しも、人間であるがゆえに、いや人間であるからこそ、子育ての過程でとまどい、混乱する。試行錯誤のなかで論理の一貫性を失い、方向を見失う。よりよく育てようと思うあまり、必要以上の厳しさで子どもを「管理」するひともいるし、学校や習い事を渡り歩かせるなどして子どもを振り回し、それでも期待に沿わない子どもに苛立ち、激しい言葉で責めるひともいる。

そもそも自分がなぜ母親になったのか、というところまでさかのぼって思い悩むひともいる。結婚を後悔しているひともいる。本当はこんなはずじゃなかった、こんな私であるはずがなかった。そしてあまりにも手垢のついた、しかしそれでもよく耳にする台詞を子どもに向けて吐く。「あなたさえいなかったら」。

こうやって、決して少なくはない母親たちが、自分では解けない混乱を子どもに譲り渡す。その母親も実は自分の母親から同じような目に遭ってきたのかもしれない。脈々と世代間で受け継がれる「子育ての混乱」、あるいは「おんなの人生の混乱」は、濃縮した「毒」になる。これを受け取った子どもは、幼くして大きな荷物を背負わされる。母親の混乱した言葉の毒、振る舞いの毒、手を替え品を替える、逃れられない「支配」の毒にやられ、その呪いにかかるのだ。


>> 自分が親になっても毒親の支配に苦しむ女性たち