子育て・育児は、過保護も放任もNG

子育て・育児は、過保護も放任もNG

過保護にも放任にもならない育児ルールって?

子育てはエンドレス。手をかければいくらでもかけられるし、逆に手を抜くこともできます。でも、やり過ぎ、やらなさ過ぎ、どちらも子供にはよくありません。まずはネガティブ育児に区分される極端な例を見ていきましょう。

■やり過ぎ育児パターン
  • キーワード:
    モンスターペアレント、ヘリコプターペアレント、毒親
  • 特徴:
    親がよかれと思ってやっていることが、子供にはいい形で届いていない。子供に自由度がなく、親が多くを決めてしまっている。

■やらなさ過ぎ育児パターン
  • キーワード
    育児放棄、ネグレクト、児童虐待
  • 特徴:
    親として未熟である。親の力を間違った形で用いている
これらのケースをテレビのニュースなどで見ると、「自分とは関係ない別世界の話」に思えるかもしれません。でも、もともとはこのようなパターンも、「どこまでやれば適切な育児なのかが分からない」という誰でも抱えるような悩みから端を発していることが少なくありません。

つまり、上記のようなケースは別枠に存在する問題ではなく、ごく一般的な育児の悩みと同じ線上にあるのです。要は、「守りに入るか」「突き放すか」がエスカレートしたことによる結果であり、ちっとも他人事ではないのですね。その点からも、できる限り早い段階で、育児のさじ加減を体得していくことが大切です。
 

気をつけたい! やり過ぎ、やらなさ過ぎの典型例

■やり過ぎ代表:過保護
  • 特徴:
    過度に子供を心配するあまり、親が先回りして動いてしまう
  • 大きくなって懸念される問題点:
    依存グセがついてしまう、自立心に欠けてしまう、自分で決められない
目の前の困難をどけてくれ、お膳だてしてくれるママに、子供から「やめて」とは言いません。特に幼少時は、ママが自分のことをかまってくれるのは嬉しいもの。だからママ自ら気づかない限り、子供から「やり過ぎ」を訴えてくることはありません。

同じ抱っこでも、甘えたいときに抱っこしてあげるのと、歩きたくないから抱っこしてあげるのでは違います。その線引きを上手にしていくことがこのパターンを抜け出すポイントです。

■やらなさ過ぎ代表:放任
  • 特徴:
    「私は私のやり方でいく」「うちの子なら大丈夫」と、自分や子供を過度に信頼してしまう
  • 大きくなって懸念される問題:
    弱音を吐けない、本音を言えない、周りとの波長が合わない
「うちの子なら大丈夫」と信じてあげることは非常に大切ですが、時折、信じているだけで気に留めてあげていないケースが見受けられます。いわゆる「放任」です。そのようなケースは、親の自流が強く、周りとの波長を気にせずに我が道を進んでしまっていることが多いようです。人間は社会で生きていく生き物なので、周りと上手く溶け合っているかどうかは気に留めていく必要があります。

このようなケースは、親が子供に年齢不相応の期待をしていることが多く、「このくらいできるだろう」「1回言えば分かる」のように、安易に考えてしまっているところがあります。子供はそれを負担に感じますし、できないことがどんどん増えてきてしまいます。高いものを求め過ぎるから達成できないのに、それを強く叱ってしまっては、子供は前に進めません。
 

まずは口ぐせで自己チェック!

自分はやり過ぎなのか、はたまた、やらなさ過ぎなのか……? 渦中にいる自分には意外と見えにくいもの。判断の目安として、

■「かわいそうに」「大丈夫?」が口癖のママ
⇒やらなさ過ぎということはありません。適切~やり過ぎの範囲にいます。

■「そんなこともできないの!」「それくらい自分でやりなさい」が口癖のママ
⇒やり過ぎということはありません。適切~やらなさ過ぎの範囲にいます。
 

過保護、放任に共通する問題点にゴールデンルールのヒントが!

一見すると、相反するように見える「過保護」と「放任」。しかし、実は、どちらにも共通する問題点があります。まずはそのヒントとなる、心理学の有名な話をお読みください。

「ある日、釣り人が釣りを終えて帰り道を歩いていると、道に一人の男が座っていて、こう言った。『すみません、食べるものがなくて、困っています…』 釣り人は、自分のバケツの中の魚ではなく、持っていた釣ざおを渡し、自分が釣りをしていた場所とその方法を教えた」

ここで質問です。この話にはあるのに、やり過ぎ育児、やらなさ過ぎ育児には欠けているものとは何でしょうか?

それは、「相手にやり方を伝えているか」という点です。

この話に出てきた賢明な釣り人は、自分が釣った魚をその男の人にあげるのではなく、釣りの仕方を教えてあげました。魚をあげれば、すぐに飢えはしのげますが、翌日になればまた同じ飢えがやってきてしまいます。本当にその人に必要なのは、どう生き延びるかという方法です。その場だけの解決策よりも、自己解決できる策を教えることが救いの手となるのですね。

育児でいうなら、
  • ジュースを注ぐ
  • キャップを開ける
  • 着替えをする
のように、練習を重ねることでマスターしていくような行動は、ママが、
  • ジュースを注いであげる
  • キャップを開けてあげる
  • 着替えさせてあげる
のではなく、年齢に応じたやり方を教えてあげるという意識が非常に大切です。ママがやってあげた方がずっと早いですが、時間をかけてでもやり方を教えてあげることに価値があります。達成感を積み重ねることで、子供の自己効力感が高まり、自信へとつながっていきます。

子育てにおいて、親が子供に伝えるべきものとは、生きる術(すべ)です。
  • 過保護でやってあげるのも×
  • 放任でやり方を教えないのも×
というわけです。もし、「どこまでやってあげたらいいのか分からない」と迷ったら、ぜひ、この賢明な釣り人の話を思い出してみてください。やり方を教える育児なら過剰になることはなりません。

【関連記事】


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。