育てやすい子、育てにくい子がいる現実

親の期待に応えてくれる「いい子タイプ」だからこそ気をつけたいこととは?

親の期待に応えてくれる「いい子タイプ」だからこそ気をつけたいこととは?

子育て心理学研究の草分け的存在の1つとして知られるトーマス博士らの気質研究。今から50年も前の研究ながら、今なお、世界中の育児書で引用されています。

その研究で導き出された「3つの気質タイプ」とは、
  • 扱いやすい気質=よく遊び、睡眠や食事習慣が規則的であり、新しい状況に容易に適応するタイプ
  • 気難しい気質=感情の起伏が激しく、睡眠や食事習慣が不規則であり、新しい状況に頑固、かつ否定的に反応するタイプ
  • ゆっくりと適応する気質=活動水準が低く、新しい状況から緩やかに遠ざかる傾向があり、一般よりも多くの時間を必要とするタイプ
でした。

そして、その割合は、
  • 扱いやすい気質を持つ子が全体の約40%
  • 気難しい気質を持つ子が全体の約10%
  • ゆっくりと適応する気質を持つ子が全体の約15%
だっだそうです(どのタイプの条件も満たさない子供たちが35%)。


育てやすい子は、何もしなくてもスクスク育つ?

このデータを見て、どこに目が行きましたか? 一般的にこのようなデータを見るとき、親の目線は、「気難しいタイプが1割いる」という部分に向けられがちです。「うちの子は?」とそのデータと照らし合わせるためです。一方、4割もいる「育てやすいタイプの子」はフォーカスされません。

実際、世間で目にする育児情報を見てもそれは明らかです。育児書、ネット上の子育て情報、いずれも”問題解決系”のものが多いですよね。たとえば、「言うことを聞かないときの対処法」や「効果的な叱り方」など。問題を解決するための方法ばかりが取り上げられていて、育てやすいとされる子にフォーカスを置いた内容はあまりありません。育てやすい子は、何もしなくてもスクスク育つという印象があるので、取り立ててノウハウを語らなくても大丈夫とされてしまうのです。

しかし、育てやすい子なら何も気にしなくてOKかというと、そんなことはありません。叱り方の権威であるマッケンジー博士も「子供の気質と親の接し方の相性が合っていないと問題が起こりやすい」と言っています。どんなタイプの子でも、その子の気質に合った導き方、叱り方をしないと、いずれ問題が出てきてしまうのです。

>>言うことをよく聞く子に厳しいルールを課すと出やすい「効き過ぎ現象」って?