差額ベッド代が1日20万円もかかる個室がある!!

調べた100の病院の中で、特に高額な差額ベッド代の設定がある病院(東京都内)のランキングです。まずは表をご覧下さい。

差額ベッド代の設定がある病院(東京都内)BEST10

差額ベッド代の設定がある病院(東京都内)BEST10

調査した都内の病院で最も差額ベッド代の高い個室は、東京女子医科大学病院と東京大学医学部附属病院にある19万4400円の特別室でした。念のために言いますが、1日あたりの差額ベッド代であり、月額ではありません。

ホテルや旅館等とは日数のカウント方法が違い、差額ベッド代は1泊2日すると2日分になるので、1泊2日でも38万8800円になります。前回調査からは消費税分だけ高くなっていて、仮に1カ月(30日)利用すると583万円にもなります。普通の人がとうてい払える額ではないですが、一体どんな人が利用するのでしょうか?

ちなみに、東京大学医学部附属病院の場合、特別室Aが19万4400円で、面積が何と155平方メートルもあります(ガイドの自宅よりはるかに広い)。そこに簡易キッチン・冷蔵庫・バス・シャワー・洗面所・トイレ2カ所・ウォークインクローゼット・応接セット・ドレッサー・ソファー・床頭台・テレビ3台・DVDビデオデッキ等の設備があり、ベッドルームの他に会議室・談話室・受付があるようです(東京大学医学部附属病院のHPより)。

ランキングの対象は東京都全域ですが、10位までに多摩地域の病院はひとつもなく、全て23区内の病院です。10位の国際医療福祉大学三田病院でも12万3500円と高額で、今回は14位の東京警察病院までが10万円を超えています。 所在地別では、新宿区が10位までに3病院ランクインしています。

次は「個室の差額ベッド代最低額が高い病院(東京都内)BEST10」です。