封筒にあて先を書き込んで郵便小包風に

封筒にあて先を書き込んで郵便小包風に

海外小包風のラッピングはいろいろなものを包むのに応用できます。外国宛の郵便のレイアウトを覚えておくと簡単にできますので、おさらいしながら作ってみましょう。

材料

材料

材料

  • A4封筒
  • マスキングテープ
  • 古切手
  • サインペン
  • 英字スタンプ
  • 消印風スタンプ
  • 麻紐 約150cm
※英字スタンプがなければ手書きでももちろんOKです。消印風スタンプがないときに手書きする方法は手順中に載せましたので参考にしてください。


外国郵便風・封筒ラッピングの手順

両端にマスキングテープ

両端にマスキングテープ

1.封筒そのままでは味気ないので、お好みの色柄のマスキングテープで装飾します。今回は両端に貼りました。

 

この位置に文字入れします

この位置に文字入れします

2.文字を入れます。左上に差出人欄として「FROM」の文字、左下には「AIRMAIL」(航空便)、右下にあて先欄として「TO」の文字を書き入れます。

 
スタンプで文字入れ

スタンプで文字入れ

今回は英字スタンプを使って文字入れしました。

 
差出人欄

差出人欄

3.差出人欄には、本来は差出人名の後に、
建物・部屋番号/番地・町名/市区・都道/県名/郵便番号/国名 の順で記載します。しかし今回は実際に郵送するわけではありませんので、差出人名の下には英語のメッセージを書き込みました。「お元気ですか?私は変わらず元気です。」の意味の文章です。お好みのあいさつ文を書くと良いでしょう。

 

宛名欄

宛名欄

4.宛名欄も本来は、受取人氏名のあとに相手の住所、国名を記載します。しかし今回は名前の後に英語のメッセージを記入しています。「ささやかなプレゼントを贈ります。気に入ってもらえるといいな」という意味の英文です。

 
エアメールの文字

エアメールの文字

5.「エアメール」の文字はサインペンで囲います。この位置には郵便で使われる文字を入れるとそれらしくなります。例えば以下のようなものがあります。お好みで選んでください。
AIR MAIL・・・・・・航空便
PARCEL POST・・・・・・小包
SURFACE・・・・・・船便
EXPRESS・・・・・・速達
DO NOT BEND・・・・・・折り曲げ厳禁
FRAGILE・・・・・・壊れ物


 
切手と消印欄

切手と消印欄

6.封筒の右上には切手を貼ります。使用済み海外切手や切手風シールなどに、消印風スタンプを押します。今回は「古切手をギフトシールにする方法」記事で作った切手シールも使用しました。

 

丸いものを型にして

丸いものを型にして

※手書きで消印スタンプ風ロゴを作る方法
マスキングテープなどの丸いものを型にして、サインペンで丸を書きます。

 
サインペンで書き入れる

サインペンで書き入れる

その丸の中に、サインペンで図のように書き込みをすると消印風に。文字は日付やメッセージなどを入れてみましょう。

 
中身を入れる

中身を入れる

7.封筒の記入が終わってから中身を入れます。

 
紐をかける

紐をかける

8.封をし、麻紐を十字にかけて結ぶとできあがり。 両端のマスキングテープ、切手の柄を変えるとイメージも変わります。いろいろ試してみてください。

 


 

 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。