シンプルラッピングのアクセントになる切手シール

シンプルラッピングのアクセントになる切手シール


海外の古切手には素敵な図柄のものが多く、コラージュやラッピングに人気です。そのまま使っても良いのですが、一手間かけてギフトシールに作っておくと、いざ使いたいときに便利です。今回は簡単なシールの作り方をご紹介します。


 

古切手シールのための材料

材料と道具

材料と道具

  • はさみ
  • カッターマット
  • 切手用ピンセット
  • カッター
  • 紙用ボンド
  • 両面テープ
  • お好みのリボン
  • 色画用紙
  • 使いたい使用済み切手

古切手のギフトシールの作り方

厚紙に貼る

厚紙に貼る

1.切手を画用紙に貼ります。ボンドは隅々まで薄く塗ります。圧着し、ボンドがはみ出たら丁寧に拭き取っておきます。

 
切り取る

切り取る

2.ボンドがある程度乾いたところで切手の縁ぎりぎりで切り取ります (この時点で5の手順で使う紙もカットしておくとやりやすいです。切り取った切手をあてて数ミリ大きくカットしておきます) 。

 
裏側にリボンを貼る

裏側にリボンを貼る

3.後ろ側にリボンを交差させ、両面テープで固定します。

 
全体に糊をつける

全体に糊をつける

4.裏側全体にボンドをつけます。つけすぎないよう、点状に置くといいでしょう。

 
裏紙を貼る

裏紙を貼る

5.裏側に一回り大きい紙を貼り付けます(2の段階で大きさを合わせて切っておくとよい) 。

 
両面テープを貼っておく

両面テープを貼っておく

6.裏側に両面テープを貼ります。両面テープの紙は使うときまで剥がさずにおきます。

 
できあがり

できあがり

7.できあがり。


 
アレンジと作り方のコツは次のページから。