牟尼庵(むにあん) 
「Le de(ル・デ)」


京都市左京区北白川に本店を構えるチョコレート菓房が、関東初出店です。ショコラティエもスタッフも殆どが女性。小さな工房で手作りされるフランスのレシピを元にしたふわふわ食感のオリジナルトリュフが人気で、京都ののれん旦那衆にも親しまれているそうです。

そんな牟尼庵の松屋銀座限定の、銀座でしか購入できないスペシャルチョコレートがこちら。
Le de 6個入りundefined3888円(税込)

Le de(ル・デ) 6個入り 3888円(税込)


サイコロをモチーフにした、でもころんと丸いユニークなトリュフです。Le de(ル・デ)はフランス語でサイコロのこと。1から6までのさいの目をモチーフに、京都ならではの厳選素材を使って作られています。
6種類の京都の素材を使ったチョコレートたち

6種類の京都の素材を使ったチョコレートたち


一は「抹茶」。「辻利一本店」の素晴らしい香りの臼挽き宇治抹茶を使用。
二は「柚子」。京都嵯峨水尾の上質な柚子の甘露煮入りです。
三は「山椒」。上質な山椒を厳選。チョコレートと山椒がマッチしています。
四は「醤油」。京都「澤井醤油本店」の熟成醤油を使っています。
五は「味噌」。京都「しま村」の白味噌を使用。
六は「黒豆」。京丹波の黒豆きな粉がチョコレートによくあいます。

ひとつひとつがやわらかく、どこかほっとするチョコレート。私は一、二、三で、なるほど、美味しい!と感じ、四、五で意外なマリアージュを発見、六のきな粉の味わいににっこり。サイコロをふるようにチョコレートを体験できました。
 
パッケージデザインも素敵

チョコレートのパッケージデザインもそれぞれ素敵!

フランスのエスプリと京都の雅が融合した手作りチョコレートたち。まだ一度も召しあがったことのないみなさんは、トリュフ、生チョコも召しあがってみて下さいね。ふわりとやわらかで親しみやすいお味が魅力。笑顔が素敵なスタッフの皆さんにも心癒されます。

DATA
牟尼庵 松屋銀座店
東京都中央区銀座3-6-1 地下1階GINZAフードステージ
03-3567-1211(大代表)
http://www.munian.net/


いかがでしたでしょうか。
松屋銀座の地下リニューアルにともなって新しく販売されている、銀座だけでしか購入できないスペシャルなチョコレート。センスのよい銀座のお土産としても喜ばれること間違いなしです。
ぜひ、銀座を訪れたら、松屋銀座の地下1階へ足を運んでみて下さいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。