マカオ唯一の三ツ星中国料理店、エイトレストラン

高級感漂うネオチャイニーズスタイルのインテリア (c) Grand Lisboa

高級感漂うネオチャイニーズスタイルのインテリア (c) Grand Lisboa

グループでの利用にぴったりのプライベートルームも完備 (c) Grand Lisboa

グループでの利用にぴったりのプライベートルームも完備 (c) Grand Lisboa

創刊6年目となる「ミシュランガイド香港マカオ2014」が2013年12月に発刊されました。創刊以来、初めて中国料理レストランが三ツ星に輝いたことでも注目を集めています。実はこれまで、三ツ星の座はフレンチレストランのロブション・オ・ドームが単独で独占し続けてきたのです。広東料理の本場としても知られるマカオだけに、意外な結果と感じた方もいらっしゃるでしょう。今回、晴れて中国料理として初の三ツ星に輝いたのは、長らく二ツ星評価をキープしてきた広東料理の名店、エイトレストランです。早速、ご紹介していきましょう。

星付きレストラン一覧はこちら>マカオ2014年版ミシュラン星付きレストラン


種類豊富でリーズナブルな点心が狙い目

金魚の形をしたかわいいエビシュウマイ (c) Grand Lisboa

金魚の形をしたかわいいエビシュウマイ (c) Grand Lisboa

ハリネズミの形をしたかわいい肉まんも

ハリネズミの形をしたかわいい肉まんも

エイトレストランは高さ258メートル、52階建ての高層カジノリゾートホテル、グランドリスボア2階に位置しています。レストランのエントランスは黒を基調にしたシンプルなデザイン。店内へ続く通路の扉が開いた瞬間、真っ暗な床面に金魚が現れ、ゲストを店内へと誘ってくれます。天井に設置されたセンサーが人の動きを感知して金魚の映像を制御しているそうで、いきなりハイテクを活かしたオシャレな演出に一気に期待感が高まります。

通路を抜けて店内に入ると、中央にある大きなクリスタルのオブジェが印象的なホールに出ます。店内は黒を基調にした落ち着いたネオチャーニーズスタイルのインテリアで、座席には陶器製のシェードや壁によく目を凝らしてみると刺繍でできている壁に描かれた大きな金魚など、細部にまでこだわったデザインの美しさが光ります。

現代的な広東料理メニュー

メニューはコンテンポラリーな要素を加えた広東料理が中心。上海料理の一種にあたる長江の北の揚州、淮安、鎮江が発祥で、淡泊であっさりした味付けの淮揚料理も揃います。淮揚料理は日本ではあまり聞きなれないかもしれませんが、古くから中国の四大料理に数えられる人気ジャンルといわれます。それぞれの季節ごとに新鮮な旬の素材を使いわけるのはもちろん、見た目も美しい印象的なプレゼンテーションに仕上げるのも魅力。例えば、有名なのが金魚の形をしたエビシュウマイ。あまりのかわいさに、食べてしまうのがもったいないくらい。このほか、ハリネズミの形をした肉まんなど、つい記念写真を撮りたくなるものばかり。

エイトレストランはマカオの広東料理の中でも最高級店にあたり、ディナーの予算は1人あたり少なくとも500パタカ以上を見込む必要があります。お得感があるのはランチタイムの飲茶(点心)メニューで、1品約40パタカ程度から。なんと、点心のラインナップは50種類にも及び、どれも魅力的なのでなかなか選びきれません。そんな時、グループで訪れれば多くの種類を試せるのでおすすめです。

「超」が付く人気店のため、ランチ、ディナーともに事前予約は必須です。また、ハーフパンツやビーチサンダルといったラフすぎる格好では入店を断られることもあるので、ドレスコードはスマートカジュアル程度を意識してください。

マカオ名物広東料理の代表メニュー紹介記事>地元料理広東料理(粤菜)

<DATA>
■8餐廳(The Eight Restaurant)
住所:グランドリスボア2階(マカオ半島)
TEL:+853- 8803-7788
営業時間:ランチ11:30~14:30(日・祝10:00~15:00)、ディナー18:30~22:30
定休日:無休
予算:昼(点心1皿)40パタカ~、夜800パタカ~
アクセス:マカオ、タイパの各フェリーターミナル等からグランドリスボアの無料シャトルバス利用

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。