MPEG-4形式のビデオに変換する

「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されたら、保存先とファイル名、及びファイルの種類を指定して「保存」ボタンをクリックします。PowerPoint2013では、初期設定では「MPEG-4ビデオファイル(.mp4)ファイル」が指定されていますが、一覧から「Windows Media ビデオ (.wmv) ファイル」に変更することもできます。
PowerPoint2010で指定できる「ファイルの種類」は、「Windows Media ビデオ」ファイルのみとなる

PowerPoint2010で指定できる「ファイルの種類」は、「Windows Media ビデオ」ファイルのみとなる

すると、画面下部のステータスバーにビデオに変換中のメッセージが表示されます。スライドの内容によっては変換作業が終わるまでに時間がかかる場合があるので、そのまま待ちましょう。
ビデオ作成中のメッセージが消えると変換作業が終了だ

ビデオ作成中のメッセージが消えると変換作業が終了だ



ビデオを再生する

作成したビデオを再生するには、保存場所のビデオファイルをダブルクリックします。
ここでは、保存先のデスクトップに作成されたビデオファイルをダブルクリックする

ここでは、保存先のデスクトップに作成されたビデオファイルをダブルクリックする

この後で、Windows Media Playerへようこその画面が表示された場合は、「推奨設定」を選択して「完了」ボタンをクリックします。
ビデオファイルは、Windows Media Playerで再生する

ビデオファイルは、Windows Media Playerで再生する

すると、Windows Media Playerが起動して、ビデオに変換したPowerPointのスライドが再生されます。
スライドショー全体が動画として再生される、クリックしてスライドを切り替える必要はない

スライドショー全体が動画として再生される、クリックしてスライドを切り替える必要はない

これなら、紙ベースでは再現できないアニメーションやナレーションや動画をそのまま再生できます。また、PowerPointがインストールされていないパソコンでもビデオを再生できるので、配布先のパソコンの環境を問わずに確実にスライドショーを再現できるのが特徴です。

ただし、マクロなどの一部の機能はビデオに変換することはできません。配布前にビデオを再生して、内容をしっかり確認しておくといいでしょう。

・関連記事
「パワポのスライドをPDFで配布(2007)」



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。