流れに身を任せる恋愛……「運命の出会い」を引き寄せる

流れに身を任せる恋愛で、運命の出会いを引き寄せる!

“運命の出会い”を掴むには!?

“運命の出会い”は、誰もが憧れるものですよね!そんな素敵な縁を掴むためには、どうしたらいいのでしょうか?

そもそも“運命”というものを信じるのであれば、そこにも少しだけ触れる必要があります。

結婚などの大きな運命は、生まれてくる前に自分がある程度、タイミングなどを決めてきているとも言われています。スピリチュアル的に言ってしまえば、結婚はある意味、“修行”です。
もし、「結婚はすべきもの」といった価値観を取っ払ってしまえば、独身者のもつ“自由”というのも、実は人生において素敵な宝物です。
それでも、人が結婚の方に進もうとするのには、なにかしら理由があるわけです。
そこに「“運命の不思議”がある」と言ってもいいかもしれません。

「運命は川の流れのようだ」と表現する人がいますが、まさに運命の川に身を委ねるとすんなり物事は動き、逆に流れに逆らってしまうと、行きたい方向に進めないまま気持ちも体力も消耗してしまう、なんてことはよくあることです。

運命の出会いをすんなり掴むためには、その流れに身を委ねた方がいいのです。その人の人生にとって、本当に必要なものであれば、必ず出会うようになっているからです。

 

運命の人に出会いやすくする秘訣って?

旅行など、心に惹かれたことをやってみる!

旅行など、心に惹かれたことをやってみる!

運命の川を逆流して、むやみに苦しんでいる人は少なくありません。

でも、恋人がいないから、さらに結婚していないからこそ得られている幸せも、必ずそこにはあるものです。先ほども挙げた、“自由”はまさにそうと言えるでしょう。
もちろんその分の“孤独”も味わいます。
でも、それらのものすべてを味わうことが、今、自分には必要だからこそ、今の環境を与えられていることを理解した方がいいでしょう。

その上で、運命の人に出会いやすくする秘訣は何かというと、「心が惹かれることをする」ことです。
人の「心」と「運命」はつながっています。心を通して運命に導かれるのです。
だから、「頭」で考えて、計算したことではなく、「心」が惹かれたことに向かっていくと、自然と運命に沿った物事を経験することが多いのです。

「苦手だった合コンに参加してみようかな、という気になった」「急に旅行に行きたくなった」「ふと通りがかった店に入りたくなった」「習い事を始めたくなった」……なんてことはありませんか?

そんな気まぐれとも思えるような「心の動き」に沿った行動をすると、意外と自分の運命が動き出すことはあるものなのです。
 

運命を動かすきっかけとなるものって?

“気付く”ことが大切!

“気付く”ことが大切!

誰もが今の環境は、その人にとって必要だからこそ与えられています。

言い換えると、どの環境でも必ず自分にとって大切なことを「気付く」ために与えられています。

「気付く」ことで、苦しみから抜け出すことができ、楽になれます。そして、気付けたとき、おそらく環境は変わっていくでしょう。

今、苦しい人は、現在の環境で大切なことに「気付いていない」状態と言えます。
・結婚ができなくて苦しんでいる人は、何か欠点があるからうまくいかないのかもしれません。逆にそんな風に自分を責めすぎてしまうところや、自分を愛していないことが欠点の場合もあります。
・「結婚をしなくてはいけない」という強迫観念を持っている人は、世間一般の価値観にばかり流されていないか、人並みにこだわりすぎていないか、「頭」ではなく「心」で結婚したいと思っているのか、を考えてみるといいでしょう。
・恋人との結婚話が進まない場合は、「自分がきちんと相手のことを見られているのか、愛せているのか」を、自分に問い直すことは大切ですし、自分に“見る目”があるのか、についても考えてみてもいいでしょう。

あまりにも頑固で気付こうとしない人の場合は、次の運命に進ませるためにも、「今、気付かざるを得ないような切羽詰まった状況」になる場合があります。だから、早く気付いた方がいいのです。

結局、運命という観点で物事を見ると、「運命の人に出会いたい」と願うのも、「結婚できない」と悩むのも、ある意味、次のステップに進ませるための「気付き」を与えるためのきっかけです。

結婚は、美人の女性だからできるわけでも、性格が良いからできるわけでも、良い職業に就いているからできるわけでもありません。そんな単純なことではないのです。
人それぞれに必要な「気付き」のために、“結婚というテーマ”を与えられている場合が多々あるのです。

人生は「気付くこと」で動き出します。
今の環境に、気付いた方がいいことは必ずあります。「気付ける人」になりたいものですね。

<お知らせ>
★新刊や活動の報告は、公式ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」をぜひ、ご覧下さい。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。