私たち、今は2人とも元気だけど、医療保険、入った方がいいかな?

私たち、今は2人とも元気だけど、医療保険、入った方がいいかな?

入院患者数と入院日数は減少傾向?

ご夫婦のライフプラン相談をお受けしていると、万が一の備えとして、死亡保険や医療保険の見直しをすることも多いです。

「これまで病気らしい病気をしたことがないけれども、入院したらどれくらいお金がかかるんでしょうか?」という方には、一般的な統計データを使って、入院日数やかかる費用の目安をお伝えしています。この統計データは、主に厚生労働省が3年ごとに発表している患者調査を使うことが多いのですが、全体的に入院日数は減少傾向にあります。

【参考コラム】●夫婦の医療保険をどう考える?

一方、入院している患者数はというと、平成23年10月現在、合計約134万人(男性約61.4万人、女性約72.8万人)で、年代別にみると、以下のようになっています。
厚生労働省「患者調査」をもとにガイド平野が表作成(クリックすると拡大表示されます)

厚生労働省「患者調査」をもとにガイド平野が表作成(クリックすると拡大表示されます)


これを見ると、確かに60代以降になると入院患者数がグンと増えるのが、よく分かります。シニア世代の方から「若いうちに保険に入っておけば良かったけど、あの頃は必要ない気がしてね……。」という声も聞きますが、納得してしまいました。けれども、この入院患者数も、平成20年の調査(合計約139万人)、平成17年の調査(合計約146万人)と、近年、入院患者数は減少傾向にあります。医療の進歩や早期発見・早期予防の効果もあるのかもしれません。

>>要介護(要支援)者数は、入院患者の4倍以上!?