2人で住宅のチラシを見る
「この物件、良さそうね!」「週末、見に行こうか?」
春になると、新聞の折り込み広告にマンションや戸建ての販売のチラシが増えてきます。しばらく上昇傾向だった住宅ローンの金利もまた下がったせいでしょうか、住宅購入に関するご相談が増えています。今回は、共働きのご夫婦からの住宅購入に関する相談で良く質問される、「物件の共有名義」について解説します。

【記事のインデックス】
共働きの佐々木さんご夫妻、住宅購入を決める……1P目
そもそも共有名義って何?……2P目
物件の持分はどうしたらいいの?……3P目
妻が会社を辞めた時、住宅ローンは? 名義は?……4P目

共働きの佐々木さん(仮名)ご夫妻、住宅購入を決める

結婚5年目の共働きの佐々木さんご夫妻。今の賃貸マンションは、物が増えて手狭になったし、将来のことも考えて、家を購入したいと思うようになりました。それぞれの両親に相談したところ、妻リツコさんの親から頭金1200万円の援助を受けることになり、いよいよ住宅購入が現実的になってきました。

佐々木さんご夫妻のプロフィールと住宅購入の資金計画は以下の通りです。

■佐々木家(仮名)のプロフィール
●家族
・夫:佐々木ノリオさん(32歳会社員、年収650万円)
・妻:佐々木リツコさん(28歳会社員、年収350万円)
・子ども:なし
●購入物件
・新築一戸建て:6000万円
●資金計画
・頭金:2000万円
(ノリオさん:500万円、リツコさん:1500万円)
※リツコさんの頭金は、親から贈与1200万円を含む(相続時精算課税制度を利用)
・住宅ローン:4000万円
(ノリオさん:3500万円・35年、リツコさん:500万円・10年)

<ノリオさん・リツコさんの住宅購入資金計画>
夫婦の持分割合は?
※ガイド平野作成

物件も決まり、資金計画も立てたところで、ノリオさんとリツコさんの間で、「ところで、この家の持分ってどうしたら良いの?」という話題になりました。「夫婦2人のものだから半分ずつでいいんじゃない」とノリオさん。「でも、頭金は私の方が多いけど、ローンはあなたの方が多いし……」とリツコさん。さて、どうしたら良いのでしょうか?

そもそも共有名義って何? メリット・デメリットは?