薄さ、重量などに特徴を持つ『Venue 8 Pro』

dell

DELL Venue 8 Pro

 2013年に8型程度の液晶画面を搭載したWindowsタブレットがいくつか登場しました。2013年の年末には主要メーカーの製品が出そろいましたが、どれを選ぶかは難しいところです。その中で、薄さ、重量などに特徴を持つのがDELLの『Venue 8 Pro』となります。

8型液晶を搭載したWindows 8タブレットは使用CPUなどがほぼ同じで、基本性能もほぼ同じですが、デザインや細かな機能がそれぞれ異なります。DELL Venue 8 Proの機能や使い勝手が他のタブレットと比べてどうなのかみてみましょう。
 
 

Windowsタブレットの特徴

iPadやAndroidなどのタブレットは爆発的な人気になっています。この影響を受けて市場成長が伸び悩んでいるのが従来型のパソコンです。パソコンの性能は高いですが、より気軽に利用できるタブレットは価格が安いこともあり、個人ユーザーには特に人気となっています。
 
そんなタブレットとほぼ同等のサイズ、使い勝手を実現しているのが8型液晶を搭載するWindowsタブレットです。
 
iPadやAndroidタブレットは気軽に利用できますが、Windowsのアプリは動作しませんし、新しい操作方法を覚える必要があります。

Windowsタブレットの形状自体は、他のタブレットと同じです。しかし、中身はWindowsなので、従来のWindowsアプリケーションは基本的に問題なく動作しますし、使い勝手も従来のパソコンの延長で利用できます。
 
業務用途では圧倒的なシェアのWordやExcelなどのOfficeアプリもそのまま動作し、従来のファイルはそのまま開けます。日本のパソコンの多くはOfficeアプリが製品にプリインストールされていますが、このVenue 8 ProなどのWindowsタブレットもOfficeがプリインストールされています。

このため、気軽に使えるタブレットの良さと、従来のアプリが動作し、新しい使い方などを学習する必要が無いのがWindowsタブレットの最大の特徴となっています。
 
もしもキーボードなどを主に利用するなら、キーボードと一体化した2in1製品の方が適していますが、気軽な持ち運びを重視するならVenue 8 Proのような比較的コンパクトな液晶を採用したWindows 8タブレットが適しています。