什器備品の購入

什器備品の購入

什器備品の購入

前回は独立するうえで必要な法人設立について説明しましたが、会社を設立するからには什器備品も揃えなければいけません。机、いす、テーブルはもちろんのこと、電話、コピー、Fax、パソコンにケアプランソフト、会計ソフトと数多くの物品が必要になります。一度にすべてを揃えることは至難の業ですので、時間に余裕をもって着手した方が失敗は少なく済みます。また、居宅介護支援事業者は適切な相談スペースを確保しなければなりません。相談室として個室が確保できない場合は、パーテーションを使用するなど、プライバシーに配慮する必要があります。

パソコンについては必須ではありませんが、膨大な書類を管理するケアマネージャー業務をすべて紙ベースで管理するとなると事務量も計り知れません。特に、「勘定奉行」、「弥生会計」などの会計ソフトや、「カイポケビズ」、「ワイズマン」などのケアプラン作成ソフトは非常に便利なものですので、業務の効率化を図る上でもパソコンは必要と言えるでしょう。コピーとFaxについては、複合機として1台で対応できるものもあります。取り扱う書類が多い業務ということは、プリンターとしても大活躍することになりますので、印刷スピードやインクのコストも考慮してレーザープリンター等の高スペックなものを購入した方が良いでしょう。