ケアマネージャーの制服について

スーツが苦手な場合はカジュアルに

スーツが苦手な場合はカジュアルに

介護職の服装は、ある種示し合わせたような規則性を感じます。例えば、ケアワーカーや訪問介護員であれば、上はポロシャツが多く、下は施設勤務の場合はジャージ、在宅訪問系サービスの場合はスラックスといったところでしょうか。

ケアワーカーなどの直接処遇職員には「動きやすさ」が求められているため、カジュアルで動きやすい服装は理解できますが、実際に介護等を行わないケアマネージャーの服装についてはどうでしょう。ケアマネージャーとして従事している方の服装を見ると、カジュアルとフォーマルの中間といったイメージです。

私が社会福祉法人に勤務していた時の服装は、ポロシャツとスラックスでした。その後転職して医療法人に移り、服装はスーツになりました。周りではスーツ着用は少なく、ケアマネージャー連絡会に出席しても、カジュアルな装いが多かった記憶があります。社会福祉法人での勤務時代、利用者と接するときにより親しみやすい服装で接するようにと指導を受けたことはありましたので、ケアマネージャーの服装は若干カジュアルなスタイルがスタンダードなのでしょう。

現在でもケアマネージャーの服装にはあまり変化がないとは思いますが、Tシャツにジーパン姿のケアマネージャーを私は見たことがありません。やはり、仕事として考えれば、カジュアルすぎるのも問題だといったところでしょうか。もちろん、制服は自由ですし、ここでは是非論を唱えている訳ではありません。法人や個人の裁量、度量、社会的な許容範囲を考えているに過ぎません。中にはTシャツとジーパンで仕事をしていることもあると思います。

他にも、病院の医療相談員と兼務しているケースや、看護師と兼務しているケースなどは、白衣のケアマネージャーとなるでしょうし、大手法人で複数の事業所を管理する「エリアマネージャー」を兼務しているような場合や、幹部クラスのケアマネージャーなどはスーツ姿のケアマネージャーが多いと思います。このように、ケアマネージャーの服装は実に多種多様なわけですが、本記事では、ケアマネージャーとして独立開業しているケースを想定して考えてみます。

次のページでは、利用者本位の視点から服装について考察します。