XPのサポート終了に備えよう! 

2014年4月9日、Windows XP と Office 2003 のサポートが終了します。特にWindows XPのサポート終了はインターネットの世界に大きな影響を与えることが懸念されており、マイクロソフトは専用ページを公開して、広く最新OSへの移行を促しています。
マイクロソフトによるWindowsXPサポート終了ページ

マイクロソフトによるWindowsXPサポート終了ページ


そして、この問題はMacユーザーも無関係ではないのです。

XPのサポート終了はMacユーザーにどう影響あるの?

MacにWindows XPをインストールしている人は当然ですが、全くWindowsを使っていないMacユーザーでも無関係ではありません。たとえば知人のパソコンがウイルスに感染した場合、あなたのメールアドレスや住所が悪意を持った第三者にわたる可能性があります。パソコンを完全に乗っ取られ他人になりすませば、ネットワーク上のデータを破壊する行為によって自分のデータが失われるかもしれません。

インターネット上にWindows XPを使い続けるひとが残る限り、そのリスクは消えることはありません。

ソフトウェアのサポートが終了しても、ウイルスなどの重要なアップデートは提供し続けてもらえると勘違いしているひとがたまにいますが、これは「延長サポート」と呼ばれる期間中の話。マイクロソフトの場合、製品発売後最低 5 年間、および「延長サポート」(最低 5 年間) としており、今回は最後の「延長サポート」が終了するため、本当に最後の最後なのです。

自己防衛のチェックポイントは4つ

Windows XPを使わなくするのは当然ですが、他のPCからの攻撃にも注意しましょう。以下の4つのポイントをチェックしてください。
  • 最新のWindowsにアップグレードする
  • ネットワークへの接続をより安全なものにする
  • ウイルス対策ソフトの導入
  • 知らないサイトやメールのファイルは開かない
→次ページで1つずつ詳しく紹介!