民間企業の最新・お給料事情

これから就職する人も、すでにお給料をもらっている人も、業種別などの給与データは気になるところでしょう。平均賃金などの調査はいくつかの機関が行っていますが、今回は令和2年9月に発表された「民間給与実態統計調査(令和元年分)」をご紹介します。

この調査は、国税庁が実施しているもので、従業員1人の事業所までを調査対象としています。民間企業の従業員で非正規雇用者も対象としているので、より実態に近い調査結果といえるでしょう。
 

平均年収436万4000円。正規雇用のみでは503万円

■男女別の平均年収(単位:千円)
【表1】 民間企業で1年を通じて勤務した給与所得者(パートタイマー、アルバイト、派遣社員、契約社員、嘱託などの非正規を含む)の平均給与と対前年比。そのうち正規、非正規別にも集計したもの。出典:令和元年分 民間給与実態統計調査(国税庁)

【表1】 民間企業で1年を通じて勤務した給与所得者(パートタイマー、アルバイト、派遣社員、契約社員、嘱託などの非正規を含む)の平均給与と対前年比。そのうち正規、非正規別にも集計したもの。出典:令和元年分 民間給与実態統計調査(国税庁)

表1は、民間企業で1年を通じて勤務した給与所得者(パートタイマー、アルバイト、派遣社員、契約社員、嘱託などの非正規を含む)の平均給与と対前年比。 そのうち正規、非正規別に集計したものです。ここでいう平均給与とは、給料や手当、ボーナスなどの合計額(通勤手当は含めず)で、いわゆる平均年収です。
 
男女合わせて全業種の平均年収は436万4000円。前年(平成30年分)の同じ調査では440万7000円で、前年比1.0%のダウンです。前年(平成30年分)の調査では、前年比2.0%アップで上げていたのが、ダウンに転じています。
 
雇用形態別にみてみると、正規雇用の平均年収は503万4000円なのに対して、非正規雇用は174万6000円。労働時間の差はあるとはいえ、差は大きくひらいています。特に男性の差が大きく、正規雇用の平均年収561万4000円に対して非正規雇用225万6000円。非正規は正規の半分にも満たず、約40%という低さです。年齢や勤続年数など条件が異なり、単純には比較できませんが、格差は深刻な状況です。
 

高年収は電気・ガス824万2000円、金融・保険627万円

■業種別の男女別平均給与(単位:千円)
【表2】 民間企業で1年を通じて勤務した給与所得者(パートタイマー、アルバイト、派遣社員、契約社員、嘱託などの非正規を含む)の平均給与を業種別、男女別に集計したもの。出典:令和元年分 民間給与実態統計調査(国税庁)

【表2】 民間企業で1年を通じて勤務した給与所得者(パートタイマー、アルバイト、派遣社員、契約社員、嘱託などの非正規を含む)の平均給与を業種別、男女別に集計したもの。出典:令和元年分 民間給与実態統計調査(国税庁)

表2は平均給与を業種別・男女別に集計し、合計年収が高い順に並び替えたものです。一番高年収だった業種は、電気・ガス・熱供給・水道業で824万2000円。全体平均 436万4000円の倍近くという、超高額な平均年収となっています。
 
2位は、金融・保険業の627万円と、1位の電気ガスより約200万円も差がでています。
 
中でも注目したいのが、電気・ガスの女性の平均収入。616万4000円で、他の多くの業種が100万~300万円台という中で500万円近くと飛びぬけて高くなっています。女性が正規で長く勤めやすく、収入もあがる仕組みができているのでしょう。
 
年収が低い業種は、宿泊業、飲食サービス業で259万6000円。次いで農林水産・鉱業で296万9000円。この2業種が200万円台となっています。 飲食サービス業などは勤務時間が短い非正規雇用者が多い業種です。この結果は予想できるとはいえ、平均の436万円の6割弱というのは厳しい結果です。

業種別の平均年収をみてきました。さらに詳しく年齢別の平均年収をご紹介しましょう。

平均年収は50~54歳がマックス

■業種別の年齢別平均給与(単位:千円)
【表3】民間企業で1年を通じて勤務した給与所得者(パートタイマー、アルバイト、派遣社員、契約社員、嘱託などの非正規を含む)の平均給与を業種別、年齢別に集計したもの。出典:令和元年分 民間給与実態統計調査(国税庁)

【表3】民間企業で1年を通じて勤務した給与所得者(パートタイマー、アルバイト、派遣社員、契約社員、嘱託などの非正規を含む)の平均給与を業種別、年齢別に集計したもの。出典:令和元年分 民間給与実態統計調査(国税庁)

表3は、平均給与を業種別・年齢別に集計し、合計年収が高い順に並び替えたものです。
 
業種計では、50~54歳の平均年収524万5000円が一番高額で、その後は下がっているのがわかります。その後の50~54歳が518万4000円となっており、50歳代が収入のピークというところでしょうか。また、50歳代後半から60歳代前半には100万円強ダウンとなっており、大幅に下がっている様子がわかります。
 

電気・ガス 50歳前半は1000万円超え

業種別にみてみると、電気・ガス・熱供給・水道業の50~54歳が1013万円と1000万円オーバー。他の業種では見られない高額です。他の業種で一番高額な年齢層での金額は、情報通信55~59歳で834万円。800万円台もここだけで、次は金融・保険 50~54歳の763万8000円。こちらも唯一の700万円台。700万円、800万円も他業種から比べるとかなりの高額ですが、1000万円を超える電気・ガスは群を抜いてトップということがわかります。
 
また、年収の上がり方をみると、金融・保険業は45~49歳の741万1000円。50~54歳では763万8000円、55~59歳で671万8000円と下がっています。40歳代後半から50歳代前半が収入のピークに達しており、他業種より少し年収ピークが早くなっています。業種によって年齢別の年収動向が変わっていますね。

ご自身の年収が今後どのような動きをするのかを予測しておくと、ライフプランを考えるうえでも参考になります。今回は業種ごとの動向でしたが、勤務先の動向などを調べるとさらによいでしょう。

【関連記事】
2021年夏ボーナス支給額ランキング
高い?低い?年齢別の平均給与額【2021年版】
ボーナスの使い道ランキング!【2021年・夏最新版】
職業別・女性の平均年収ランキング20! 年収1位は医師で1188万円、2位の大学教授は1021万円


【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。