経由便でロンドンへ

飛行機

航空会社や乗り継ぎルートを考えるのも旅行の楽しみのひとつです

イギリスの玄関口、ロンドン・ヒースロー空港は世界有数のハブ空港。世界の主要な航空会社のほとんどが乗り入れているので、目的地や予算などに合わせて経由便を選ぶ事が可能です。

経由地にもよりもますが、所要時間は乗り継ぎ時間も含めて15時間前後。やはり直行便に比べて少し時間がかかりますが、運賃は直行便と比較すると安い場合がほとんどです。また、羽田空港発着便が新設/増便となる航空会社も徐々に増えており、日本国内の乗り継ぎの利便性も向上中です。

日本の各都市発着の経由便

また、関西国際空港や中部国際空港をはじめ、全国の空港から、羽田/成田空港を経由せずに飛ぶルートを組むこともできます。羽田/成田発着に比べれば本数は少なくなりますが、場合によっては時間と費用の節約にもなるので、検討の価値ありですよ。

経由便の選び方

インチョン空港

経由地での過ごし方や乗り継ぎの利便性も、経由便を選ぶ上での重要なポイント。写真はソウルのインチョン空港。免税店が充実している他、日本語の案内もあるのが高ポイント

世界の主な航空会社のほとんどが就航していると言っても過言ではない、ロンドン・ヒースロー空港。漠然と探していたのでは、選択肢が膨大になりすぎてしまいます。予算、スケジュール、経由地の空港、ストップオーバー(途中降機)の有無、機内食や機内エンターテインメントの好み、マイル加算の条件等、いくつかのポイントに優先順位をつけて検索してみると、選びやすくなります。

経由地は、一般的には「その航空会社の在籍する国の主要都市(=大抵は首都)」と考えると分かりやすいでしょう。例えば、フランスのエールフランス航空なら経由地はパリ、イタリアのアリタリア航空ならローマ、韓国の大韓航空やアシアナ航空なら、経由地はソウルです。ただし、ドイツのルフトハンザ航空(フランクフルトまたはミュンヘン)や、スイスのスイス航空(チューリッヒ)のような例外もありますが……。

乗り継ぎ時間は、大抵1~3時間程度。各国の主要空港はショップやレストラン、ラウンジ等の設備が充実しているので、時間を持て余すことなく、快適に過ごせます。

そして、イギリス以外の国も少し見てみたい!という方におすすめなのは、ストップオーバー。これは経由地での途中降機のことで、空港から外に出て24時間以上滞在することができます。航空券の種類によって、ストップオーバーの可否や追加料金の有無、またストップオーバーが可能な回数(往路/復路両方可なのか、いずれか一回のみなのか)等の条件が変わってきますので、購入する際にはよく確認しましょう。