新商品・サービスのテーマは「ひとつ先のスタンダード」


P1

JAL国内線 新商品・サービス発表会では、植木義晴社長が普通席のリニューアルをアピール

JAL(日本航空)の国内線 新仕様機材「JAL SKY NEXT」が、2014年5月から順次導入されます。今回の商品・サービスのテーマは「ひとつ先のスタンダード」で、寛ぎ・利便性・新しい価値を提供。普通席、クラスJのシートや機内の照明などが今までよりも快適にレベルアップします。また、7月からは日本の航空会社では国内線で初となる機内インターネットサービスが導入されます。

JAL SKY NEXTの対象機材は、いずれも国内線のボーイング777-200/-300型機、767-300/300ER型機、737-800型機(合計77機)です。

機内インターネットサービス「JAL SKY Wi-Fi」導入

P2

国内線で初めて導入されるインターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」

注目は、機内でのインターネットサービス。JALではすでに国際線の一部路線で「JAL SKY Wi-Fi」を2012年7月から導入していて、国内線でも他社に先駆けて提供されることになりました。

離着陸時を除き、Wi-Fi環境を提供することで、搭乗客が自身の無線LAN対応機能付きのパソコン、スマートフォン、タブレット端末などを利用し、インターネットのウェブ画面閲覧、メールの確認、TwitterやFacebookなどのSNS(ソーシャルネットサービス)などが可能になります。

これまで飛行機の機内ではインターネット接続は一切ダメ、というのが常識でしたが、これも今後変わっていく流れになるでしょう。

そして気になるのが、機内でのインターネットの接続料金。こちらは国際線と同様に「有料」です。飛行時間の短い国内線に合わせ、「時間制プラン」「フライトプラン」の2つの料金プランを用意。

たとえば、時間制プランの場合は30分400円(税込)。一方、フライトプランは1フライトごとの料金で使用時間の制限はなく、羽田=大阪など450マイル以下だとスマートフォン、タブレット・ノートパソコンいずれも500円、羽田=沖縄など651マイル以上だとスマートフォンで700円、タブレット・ノートパソコンで1,200円(いずれも税込)となります。支払いはクレジットカードのみです。

なお、利用頻度の高いJMB(JALマイレージバンク)のダイヤモンド会員などは、年間で一定回数を無料で利用できます。また、JALマイレージバンク会員なら誰でも貯めたマイルでインターネット接続無料クーポンに交換できる特典も用意されます。

その他、自身のスマートフォンなどの端末を利用して楽しめる、無料の機内エンターテイメントも提供されます。内容は、スポーツやアニメなどの映像、観光地情報(SKYるるぶ)、フライトインフォメーションなど。

詳しくは、JAL公式ホームページ(http://www.jal.co.jp/skynext/)をご覧ください。