子供のスマホやタブレット利用で起こるトラブルを未然に防ぐフィルタリング機能とは?

スマホやタブレットの設定で有害サイトや誤操作から子供を守る

スマホやタブレットの設定で有害サイトや誤操作から子供を守る

スマートフォンやタブレットを使い、気軽にインターネットに接続したり、好みのアプリをインストールできる現在、子供とモバイル端末を巡るトラブルを多く目にするようになりました。

お子さん専用のスマートフォンやタブレットを与えていないというご家庭でも、ご家族でタブレットを共有していたり、保護者の方のスマートフォンにお子さん向けのアプリを入れているというケースは多いのではないでしょうか。

気軽に持ち歩けるスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末は、保護者の目の行き届かない場所で、お子さんが思わぬ使い方をする可能性も否めませんし、有害サイトへの接続や有害アプリのインストールにも目を光らせる必要があります。また、やみくもに画面をいじる小さなお子さんの場合は、悪気なく大切なアプリやファイルを消してしまったり、有料アプリを購入してまったり、メールを誤送信してしまう可能性もあるので注意が必要です。

これらの問題は、スマートフォンやタブレット、アプリの設定を変更することによって、未然に防げる場合があります。まだ何も対策をしていないというご家庭は、これを機にお手持ちのスマートフォンやタブレットの設定を見直しておきましょう。有害サイトのブロック方法として、携帯電話会社が用意する無料フィルタリングサービスもご紹介しておきます。


iPhone/iPadの機能制限設定を変更する

iPhoneやiPadでは、iOSの機能制限(ペアレンタルコントロール)を利用することで、App内での課金やアプリのインストール・削除制限、TwitterやFacebookの設定変更禁止、カメラやSafariのアクセス制限など、個別に制限をかけることができます。

Apple iOS:機能制限 (ペアレンタルコントロール) について理解する

■iPhone/iPad機能制限の利用方法
設定 > 一般 > 機能制限を設定で、機能制限用パスコードを入力し、機能制限画面を開きます。機能やコンテンツの利用許可、レートの変更、アダルトコンテンツの制限など、必要な設定を行ってください。
スマホ・タブレットの機能制限で子供を守る

iOSの機能制限設定でアプリのインストール・削除や個別機能の制限が可能



android(アンドロイド)の機能設定を変更する

■GooglePlayストア ペアレンタル コントロールの利用方法
アンドロイド端末で、お子さんが勝手にアプリをインストールしないようにするには、GooglePlayストアの設定変更が有効です。GooglePlayストアアプリ設定 > ペアレンタル コントロール > ペアレンタル コントロールのボタンをオンに変更。設定に必要な4桁のPINを設定し、お子さんの年齢に適したアプリ以外はインストールできないようチェックボタンで設定を行ってください。
GooglePlayストア ペアレンタル コントロール

GooglePlayストア ペアレンタル コントロール設定画面

■Android 制限付きプロフィールの利用方法と注意点
アンドロイドのバージョン4.3以降の端末をお使いの場合は、制限付きプロフィールの設定を行うことができます。設定 > ユーザー > ユーザーまたはプロフィールを追加 > 制限付きプロフィールを開き、使用を許可するアプリを選択しましょう。

制限付きプロフィールの利用には、いくつか注意点があります。たとえば、ブラウザアプリの利用を許可した場合、閲覧するサイトの情報まではコントロールできません。また、制限付きプロフィールではメールアプリは利用不可となり設定変更は行えませんので、メールアプリを使いたいお子さんには向きません。ご利用中のアプリが制限付きプロフィールではどのように動作するのか、お手元の端末でアプリごとにご確認いただき、後ほどご紹介するフィルタリングサービスなどとの併用をおすすめします。


携帯電話会社が提供する無料フィルタリングサービス

有害サイトをブロックするフィルタリング機能は、携帯電話会社提供の無料サービスを活用しましょう。利用料は無料ですが、キャリアごとに申し込みが必要ですので、各サイトに用意された機能紹介や申し込み方法をよくご確認のうえ、契約してください。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。