ハンバーグ女子とのデート

屋外デート

ハンバーグ女子が大切にしていることは、何をしたかより、誰と過ごしたか。

友だちの延長線上に恋愛があることが多いハンバーグ女子。初デートは、「友だちとして一緒にご飯を食べる」「イベントの買い出し」といった、恋愛の匂いがしないデートになるかもしれません。

あまりデートっぽくない雰囲気の中で距離を詰めていくためには、重い荷物や大きな荷物を率先して持ったり、歩き疲れてないか気遣うなど、男としての懐の深さをさりげなくアピールしていくことが最善策。

ハンバーグ女子は、どこに行って何を食べさせてもらったかを重要視しない代わりに、一緒に過ごす時間の心地良さ、会話の楽しさを重視します。また、その場で臨機応変に決める柔軟性に魅力を感じるので、食事をする場所やデートスポットなどは、いくつか選択肢を用意しておいて、選ばせてあげるのが良いでしょう。

屋外型グルメイベントやフリーマーケット、ボルダリングなどの話題のスポットなど、お金を掛ける派手な遊びでなくても、二人の関係性が良好であれば楽しんでくれるはずです。

財布を開くことに抵抗がないハンバーグ女子ですが、10円単位のワリカンは相手の小ささを感じてしまってドン引きしてしまいかねません。端数だけ出してもらうか、1000円単位でのワリカン、いっそ交互に支払うようにするなど、お互いの経済状況に合わせた支払い方を探る必要があります。

ハンバーグ女子と記念日

毎回派手なデートを望むわけではないハンバーグ女子ですが、誕生日やホワイトデー、クリスマスなどの記念日は多少なりとも意識します。

基本的にはキラキラしたものへの憧れは薄いハンバーグ女子ですが、記念日に外食をするなら、普段の会話や、眺めている雑誌から、行ってみたいと思っていそうなお店をリサーチしておくと良いでしょう。

プレゼントは、身に着けるものへのこだわりが強いので、先にリクエストを聞いておくか、一緒に買いに行くのが無難です。大がかりなサプライズを望んではいないものの、ちょっとしたサプライズがあればやっぱり嬉しいもの。後々、「あの時は嬉しかった」と反すうして喜んでくれるので、仕掛けない手はありません。

プレゼントとは別に渡される、小さな花束やメッセージカードなどは、嬉しさを底上げしてくれるアイテムなので、余裕があれば是非渡してあげてください。