体力づくりにも水泳は人気!

体力づくりにも水泳は人気!

2014年2月にロシアのソチで開催されたオリンピックでも、さまざまな種類の競技で日本人選手が大活躍でした。選手や身近な人のインタビューなどを聞くと、本人の才能や努力だけでなく、支えてくれる方の力も大きい、というのをとても感じました。また、その習い事を続けるために、ご両親が費用面で大変苦労した、という話も何回か耳にしました。

今活躍している人達も小さい頃から習い始めたというスポーツや芸術などの習い事……。最近は、習い事にどれくらい費用がかかるのでしょうか。以前、コラム「子どもの習い事、いくらかける?」で2009年の調査結果をご紹介しましたが、最新(2013年)の調査結果が発表されていますので、見てみましょう。

スポーツ関係の習い事の人気TOP10とかける費用

習い事の人気上位10位までの種目と月当たりの平均費用は、以下のとおりです。
Benesse教育研究開発センター「学校外教育活動に関する調査2013」よりガイド平野泰嗣が表作成(クリックすると拡大表示されます)

Benesse教育研究開発センター「学校外教育活動に関する調査2013」よりガイド平野泰嗣が表作成(クリックすると拡大表示されます)


人気順位は、前回(2009年)の調査とあまり変わりません。月あたりの平均費用は、スポーツ活動全体としては、前回3,700円、今回月3,300円と若干減少しましたが、種目によっては増額しているものもあります。バスケットボールや陸上(陸上競技/マラソン)、卓球など2,000円前後のものもありますが、5,000~6,000円のものが多いように感じます。また、10位以内ではありませんでしたが、冬季オリンピックで注目を浴びた「スキー/スノーボード」は月8,900円、「スケート」は月8,600円となっています。

>>芸術関係の習い事の人気TOP10とかける費用は?