説明画像

ズームキットのレンズは「18-55mmF2.8-4 R LM OIS」。27~84mm相当で光学手ブレ補正機能を内蔵。歪みが少なくシャープなレンズだ。


操作性を追求したデザイン

富士フイルムのXシリーズは、レンジファインダーカメラのデザインを頑なに守ってきました。それがXシリーズのアイディンティティと思われてきましたが、今回の「X-T1」の登場によってそれが打ち破られました。センターに大型EVFを搭載したデザインは一眼レフそのものとも言えます。なぜ今さらこのデザインになったのか。それはXシリーズの持つ卓越したセンサーと交換レンズをより多くのシーンで活用するためです。操作性を追求した結果、この形に到達したに違いありません。視認性のいい専用ダイヤルに世界最大、最短の表示タイムラグを誇るEVF、そして防塵・防滴、マイナス10度Cに耐えるタフネス性能が与えられました。

説明用画像

小型軽量の「OLYMPUS OM-D」と比較するとボディは一回り大きい。しかし、このサイズがフォールディングの良さにつながっている。

説明用画像

液晶モニターはチルト式の3型で視野率約100%。EVFは0.5型の有機ELで約236万ドット、倍率0.77倍で視野率約100%となる。


NEXT→操作性の抜群のインターフェイス