お得で美味しい! トルコのB級グルメ・シーフード

ミディエタヴァ

お手軽シーフードもあるのです

トルコでシーフードといえば、高級レストランと相場が決まっています。海沿いに連なるセレブなレストランで食べるゴージャスなシーフード料理は確かに美味。…… だけど日本人としては、そんな高級シーフードと同時に、B級なシーフードの方もぜひためしておきたいところです。そこで、トルコで食べるB級なシーフードをご紹介しましょう。

サバサンド

サバサンド

カラキョイ魚市場近辺で売っている屋台のサバサンドはトルコ人にも人気

トルコのB級シーフードの代表といえば、やっぱりサバサンド。もはや日本でも有名になったサバサンドについては、こちらから>>>トルコのB級グルメ・サバサンド

ミディエタヴァ

ミディエタヴァ

この白いソースとムール貝が絶妙

ミディエとはムール貝のことで、ムール貝に衣をつけて串揚げしたものが「ミディエタヴァ」。シーフード系のファーストフード店の店頭では、このミディエをジュウジュウ揚げてお客さんを呼びこむのが慣習(?)となっています。それだけに、揚げたてはアツアツのままサクッ・パリッとしていて、中はしっとり肉厚ムール貝……うーん、たまりませんっ。

特にトルコでいただくミディエタヴァーウの良しあしを決めるのは、添えられている白いソースの味付け。これはにんにく、お酢、パンの中身などがミックスされたソースで、ミディエタヴァはこれをつけていただくのが基本。そしてこのソースについては各店それぞれこだわりがあるようで、本当の作り方は教えてくれません。どうもヨーグルトを入れているお店もあればマヨネーズを入れているお店もあるようで、微妙に味が違いますが、とにかくムール貝の串焼きにこのソースがばっちり合う! なんだか、ビールを頼みたくなってしまうおいしさです。

この他、「ミディエサンドイッチ」というのもあり、これはトルコパン、エクメッキの間にこのミディエタヴァを挟んで食べるというもの。日本人的には驚きのメニューですが、ふわふわパンの間に挟まれたカリっとしたムール貝の揚げ物は、案外歯ごたえもよろしく悪くありません。これにもまたソースがいい味出しています。

ミディエドルマス

ミディイェドルマス

ご飯が詰まったムール貝

同じくムール貝を使った料理で、こちらはムール貝の中に味付けご飯を詰めて一緒に炊き込んだもの。ドルマと言えば「詰める」という意味で、トルコ料理では何かと詰めるドルマ料理が多いものですが(ズッキーニ、トマト、ピーマン、ナスなどなど何にでもご飯を詰めちゃいます)、案の定ムール貝にもご飯を詰めています。

ただ、米好き日本人としてはこのムール貝&米という組み合わせがかなりうれしく、抜群の相性! トルコ的な香辛料も混ぜ込んだお米を貝の中にツメツメにしてムール貝ごと炊き込むわけですから、貝から出るダシの味付けがお米にしみ込んで、それはそれは美味しい炊き込みご飯(!?)の出来上がり。

ただしこれ、トルコでは冷菜のカテゴリーなので、冷たくしてレモンをかけていただきます。なんとなく、日本人としてはホカホカの状態で食べてみたい気もするものですが。

食べ方ですが、ツウは、まず閉じているムール貝のふたを開けるように開き、そのカラの貝でもう片方の貝の中身をスプーンのようにすくって食べます。

その他いろいろシーフード

ハムシタヴァ

トルコのカタクチイワシはとっても美味!

カラマルタヴァ

これがトルコのイカリング

魚市場の中にあるスタンドなどでは、カラマルタヴァと言われるイカの揚げもの、通称イカリングもあります。こちらもやはり、上記ミディエタヴァをいただくときにつける白いソースをつけるのが普通で、絶妙の味付けです!

ハムシタヴァもよくあるメニューで、こちらはカタクチイワシの揚げ物。トルコにはカタクチイワシが多く取れるようで、小ぶりイワシにとうもろこし粉をまぶしてカラッと揚げ、ルッコラーとレモンを付け合わせにシンプルにいただきます。素材の美味しさが感じられる絶品B級グルメです。

 

どこで食べられる?

シャンピヨンココレッチ

B級グルメシーフードの友、シャンピヨンココレッチ

ミディエドルマス屋台

屋台のミディエドルマス。夏は微妙……


 
ミディエドルマスについては屋台でもよく売られていますが、真夏などはややリスキーかもしれません。こうしたB級シーフード料理は、たいてい魚市場の近くに出ている簡単なイートインショップだと新鮮で美味しいモノを扱っています。イスタンブールであれば、カラキョイ魚市場などがおススメ。

この他、シャンピヨンココレッチというチェーン店でもこうしたB級シーフード料理を扱っており、全国に51の店舗を持っています。イスタンブールであればタキシムやカドゥキョイなどに店舗がありますが、シャンピヨンココレッチに限らずこうしたタイプのお店は、トルコ国内の大都市の中心地であればいくつか隣り合わせに店を構えて並んでいることが多いものです。
Karakoy

イスタンブールのカラキョイ魚市場には、こんな風にイートインできる簡単な店があり、お手軽にシーフードが楽しめます


<DATA>
Sampiyon Kokorec(シャンピヨンココレッチ)ベイオール店
住所:Sahne Sok. No:3/1, Beyoglu Istanbul
TEL:0212-251-2511
開店時間:24時間、365日

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。