トルコB級グルメの王様、サバサンド

サバサンド船

サバを焼く、香ばしいにおいが辺り一帯に漂っています

サバサンド船

派手ないでたちで復活、サバサンド船

イスタンブールを旅行中、エジプシャンパザールに行こうとエミノニュに行ってみると、ふと海の方から懐かしい日本的な香りが…… 見ると、おじさんが鉄板でサバを焼いているではないですか。

旅行中にエミノニュでそんな匂いを感じたら、それは間違いなくイスタンブールB級グルメの王様、サバサンドの匂い! トルコ語で“Balik ekmegi”(バルック・エクメーイ)と言われるこのサバサンドは、その名の通り、普通のバケット風のパンに鯖(サバ)を挟んだだけのサンドイッチなのですが、このところ旅行者たちが口をそろえて「絶対食べて帰りたい!」というほどの人気。

と言ってもこのサバサンド、最近急に流行り出したものではありません。昔からガラタ橋に近いエミノニュの海沿いでは小さなポンポン船の上でサバサンドが売られていたのですが、衛生上の理由から一時禁止に……。しかしその3年後、2007年には見事復活を果たしました。

 

サバサンド船

新市街から旧市街に向けてガラタ橋を渡ると、右手にこんな風に3隻見えます

復活したサバサンド船、今度は派手なアラブの海賊みたいなオスマン風の船に様変わり。これ、恐らく観光客向けなのでしょうが、そんなド派手な「サバサンド船」はいつも3隻停泊しており、ゆらゆら揺れるその船上では、昔のオスマン・トルコ衣装を着たおじさんたちが器用にサバを焼いています。


 
サバサンド

一見、そんな魅力的じゃないんだけど……

サバサンドは、トルコの「エクメッキ」と呼ばれるパンの間に、鉄板で焼いたサバ、薄切り生玉ねぎ、そしてレタスを挟んだだけの単純なつくり。お好みで塩やレモンを絞ったりしますが、それ以外に加えるものはなにもありません。

そんな単純なサバサンドなのに、食べてみるとこれがまた意外とおいしい! 外はパリッ、中はもちもち~としたエクメッキの素朴なおいしさと、案外脂の乗ったサバが絶妙な味わいを醸し出しており、ここに玉ねぎとレタスがシャキっと感を演出、その上最近ではお土産に大人気の「トルコ塩」が、濃ゆ~い塩味で奥深いおいしさを加えてくれているのです。これで3トルコリラ(約170円)なら、安すぎってぐらいでは?

サバサンドのお伴に漬物水!?


ピクルス屋

船に合わせて、ピクルス屋さんもオスマン風

ピクルス水

これ、サバサンドに合うんだそうですよ

サバサンド以外でも忘れてはならないのが、一緒にいただくピクルスとその漬物水。サバサンド売り場近辺にはたいてい”Tursu”(トゥルシュ)と書かれたピクルスの屋台が出ています。プラスチックコップに入ったキャベツ、きゅうり、ビーツなどの真っ赤な漬物を、トルコ人は爪楊枝でつついて食べつつ、赤い漬物水も飲み干します。なんでもサバサンドには漬物水が合うのだそうで、トルコ人はセットでいただいているようですが、日本人にはちょっときついかも……。こちらは一杯1トルコリラ(約57円)です。


 
チャイ

トルコになくてはならないチャイ、ここにも完備です

ちなみに、漬物水が駄目な人にはチャイもあるのでご安心を。アウトドアにもかかわらず、サモワール的なチャイ設備があり、きちんとチャイグラスに入れてサービスしてくれます。

このサバサンド船、みかけは観光客的になったかもしれないけれど、食べに来ている人たちは実に様々。外国人観光客のみならず、仕事途中のサラリーマンや大学生など、地元トルコ人もかなり日常生活の中でサバサンドを堪能している模様。

サバサンドことバルック・エクメーイ、エジプシャン・パザールに行った際には、是非お試しください。

<DATA>
■Balik Ekmegi(バルック・エクメーイ)
場所:エミノニュ船着き場
営業時間:8:00~23:00(客足による)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。