毛糸とボタンのラッピング用リボン作り方3つ

毛糸とボタンのラッピング用リボン作り方3つ

ボタン付き毛糸でおもしろラッピング

変わり毛糸をプレゼントのリボンとして使うと、一味変わったラッピングができます。いつの間にか溜まったボタン、気に入ってとっておいたボタンなどと組み合わせて、可愛いラッピングに活用してみましょう。
 

材料の例

材料は一例です。お手元にあるものを並べて、組み合わせを考えてみてください。
材料

材料

毛糸各種
  • 並太の標準的な毛糸
  • 3色より合わせの極太毛糸
  • 羽のようなファー付き毛糸

ボタン各種
  • 大き目の四つ穴ボタン
  • 水色の脚付きボタン
  • カラフルな小さめボタン
このほか、セロテープ、針と糸、ハサミを用意してください。
 

並太毛糸と四つ穴ボタンで作る方法

先にテープを巻くとよい

先にテープを巻くとよい

1.必要な長さに毛糸をカットしてから、ボタン穴に毛糸を通します。通しやすいように毛糸の端にセロテープを巻きつけるとよいでしょう。
ボタンの穴に通す

ボタンの穴に通す

2.四つ穴ボタンの穴に毛糸を通したところです。毛糸の反対側の端にも同じくボタンを通します。 通したら後ろで結び、セロテープ部分はカットします。
できあがり

できあがり

3.このように毛糸の両端にボタンがつきました。
使用例

使用例

4.使い方の一例です。袋の口に巻きつけ、最後はボタン同士をひねって絡ませるとできあがり。
 

3色毛糸と脚付きボタンで作る方法

糸で縫いつける

糸で縫いつける

1.必要な長さに毛糸をカットしてから、真ん中にボタンを縫い付けます。今回はボタンの穴が小さいため、針と糸で縫い付けています。
できあがり

できあがり

2.できました。
使用例

使用例

3.使用例です。エアメール封筒に巻きつけ、毛糸の端はボタンの根元で軽くひと結びしています。
 

ファー毛糸とカラフルボタンで作る方法

並べて縫い付ける

並べて縫い付ける

1.小さ目のボタンを毛糸の片端並べて縫い付けます。毛糸と同じ色の細い糸で縫い付けると目立ちません。
できあがり

できあがり

2.できあがりです。
使用例

使用例

3.使用例です。四角い包みに十字にかけ、真ん中で蝶結びをします。最後にファーを整えてふんわりさせます。
 

毛糸をラッピングに使うコツ

ラッピングに使う毛糸の長さは包みたいものに合わせますが、特に決まっていない場合は70cmから80cm程度に切って作ると、小さな包みは大体包むことができます。太めの毛糸は季節感を出すのにも便利です。また夏用の編み糸にもニュアンスのあるものがいろいろありますから、活用してみましょう。幾つかの糸をより合わせたり、鎖編みにしてから使ったり、三つ編みにしたりとアレンジも楽しんでください。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。