古い仏壇の処分方法

古い仏壇の処分方法

仏壇は何度も新しいものに取り替えたりするものではありませんが、住宅のリフォームや引っ越しを機に、仏壇を新しくするケースはよく見られます。その場合、古い仏壇はどうやって処分したら良いのでしょう?また、仏壇を守っていた人が亡くなり、今後継ぐ人がいない場合も処分する必要性が出てきます。今回は仏壇の処分方法についてお伝えしていきます。
 

古い仏壇の処分方法……まずは最初に法要を

仏壇は法要をしてから処分します。

仏壇は法要をしてから処分します。

仏壇が家具と大きく違う点は、「手を合わせる場所」であること。宗旨・宗派によって考え方は異なりますが、ご本尊(宗派の仏様)や、先祖の位牌などが納められている聖なる場所です。浄土の世界を表しているという考え方のもとに造られている仏壇もあります。ですから、まずはじめに仏壇処分をするためのお参り、つまり閉眼供養(魂抜き)などの法要を行うことが必要となってきます。

法要時のお布施の相場は寺院によって、また地域によって異なりますが、だいたい1万円~10万円を目安にすると良いでしょう。
※浄土真宗の場合は、教義の違いにより閉眼供養という名称の法要は行いません。仏様への感謝の気持ちを込めて、法要が執り行われます。

法要を行った後、実際の処分方法ですが、選択肢としては次の3つの方法になります。
  • 粗大ごみとして出す
  • 仏壇店に引き取ってもらう
  • 菩提寺に引き取ってもらう(引き取り不可の場合もあり)

費用は粗大ごみなら自治体ごとで定められている大きさなどを基準に判断し、処分方法も既定に沿って行います。仏壇店や菩提寺で引き取ってもらえる場合も、基本的には有料となります。ただ、もし新しい仏壇を購入するかわりに、古い仏壇を処分する必要があるのであれば、仏壇店と交渉すれば安くあがるケースもあります。

なお、菩提寺か仏壇店で引き取ってもらう場合、法要と引き取り(処分)を同時に行ってもらえる場合もありまあす。
 

古い仏壇はリサイクルできる?

仏壇の状態にもよりますが、希少価値の高い材質を使用していたり、伝統工芸品としての価値が高い場合は下取りしてくれることもあります。ただ、仏壇は家具や洋服と違って、単なる「モノ」ではありませんので、「なんだかバチがあたりそう」「見も知らぬ他人の魂が入っていたものを使いたくない」と、新品を望む人が多く、リサイクル品の需要はさほどありません。インターネットオークションに出されていることもありますが、落札されていることもあまりなさそうです。

そうはいっても、これまで大切に使っていたものだからこそ、今後も大切に使っていただける方に譲りたいという気持ちもわかります。最近では仏壇のリサイクル業者も出回っていますので、リサイクルが可能かどうか訪ねてみると良いでしょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。