ヤ行、ラ行の科

■ヤマゴボウ科
  • ヨウシャヤマゴボウ ★
    部位……全草、特に根、実
    症状……口腔刺激、嘔吐、下痢、重症だと、頻脈、呼吸困難、血圧低下、ケイレン

■ヤマノイモ科
  • オニドコロ
    部位……根
    症状……胃腸炎、血球破壊、嘔吐

■ユズリハ科
  • ユズリハ ★
    部位……葉、樹皮
    症状……肝障害、麻痺

■ユリ科
  • イヌサフラン(コルチカム) ★
    部位……塊茎、根茎、種子
    症状……目にはいると失明の恐れあり。口腔と咽の灼熱感、嘔気、下痢、皮膚の知覚減退、中枢神経麻痺、呼吸困難、時に死亡、催奇形性

  • オニユリ ★
    部位……全草
    症状……嘔吐、下痢、脱水、胃腸障害、腎臓障害、視力障害、呼吸困難、手足のしびれ、循環器不全、全身麻痺、死亡

  • スズラン ★
    部位……全草
    症状……嘔吐、下痢、腹痛、徐脈、不整脈、心不全

  • ユリ(テッポウユリ、スカシユリ、オニユリ、カノコユリ) ★
    部位……全草
    症状……脱力感、脱水、腎臓障害、視力障害、全身麻痺

  • エンレイソウ(タチアオイ) ★
    部位……全草
    症状……嘔吐、下痢、脱水、胃腸障害、腎臓障害、視力障害、呼吸困難、手足のしびれ、循環器不全、全身麻痺、死亡

  • オモト ★
    部位……全草
    症状……嘔吐、下痢、脱水、胃腸障害、腎臓障害、視力障害、呼吸困難、手足のしびれ、循環器不全、全身麻痺、死亡

  • コバイケソウ ★
    部位……全草
    症状……嘔吐、手足のしびれ、脱力感、意識不明、ケイレン

  • チューリップ ★
    部位……鱗球
    症状……皮膚炎、多食で心臓麻痺

  • シュロソウ ★
    部位……根、茎
    症状……嘔吐、手足のしびれ、脱力感、意識不明、ケイレン

  • ツクバネソウ ★
    部位……全草、特に果実地下部位
    症状……嘔吐、下痢、頭痛、重症だと、縮瞳・呼吸困難

  • バイケイソウ ★
    部位……全草、特に根
    症状……嘔吐、下痢、目眩、脱力感、血圧低下、ケイレン

  • ヒヤシンス ★
    部位……鱗茎
    症状……皮膚炎、多食で心臓麻痺

  • タマネギ ★
    部位……鱗茎
    症状……皮膚接触では皮膚のかぶれ、経口摂取では溶血

  • アロエ
    部位……樹液
    症状……下痢

■リュウゼンカツラ科
  • ドラセナ(幸福の木) ★
    部位……全草
    症状……嘔吐、下痢、手足の腫れ、麻痺、死亡

猫はとても好奇心が旺盛です。一度興味を持つと、少々のことではめげず、何度も同じことに挑戦します。猫が植物に興味を示し始めたら、リストにない植物でも目を離さないようご注意ください。

植物だけでなく、猫が口にすると危険な食物も多数あります。「猫が食べてはいけないもの」をご覧ください。


【参考文献】
「もっともくわしいネコの病気」 矢沢サイエンスオフィス編
「動物が出会う中毒 ~意外にたくさんある有毒植物~」(財)鳥取県動物臨床学研究所

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。