街の小さな洋食店-神田淡路町の「松栄亭」

同店店頭

クラシックとモダンが同居する同店店頭

老舗飲食店の密集エリアである神田淡路町。2013年2月にあった「かんだやぶそば」火災の記憶も新しいこちらのエリアに、小さな老舗洋食店「松栄亭」があります。

以前は昭和初期の建物でしたが、2002年に今のモダンな店舗へと引き継がれています。知らなければ、こちらの店が100年以上の歴史があるとは思えない外観でしょうか。決して威圧してくるようなタイプの面構えではありませんね。

最寄り駅は、新宿線・小川町、丸ノ内線・淡路町、千代田線・新御茶ノ水。JR秋葉原からもプラプラ歩ける距離に立地。お昼時には、本日のランチメニューが店頭に掲げられています。

創業は1907年(明治40年)

店頭に掲げられるランチメニュー

店頭に掲げられるその日のランチメニュー

松栄亭の創業者は堀口岩吉。麹町の西洋料理店で働いたのち、当時、東大で哲学を教えていたフォン・ケーベル教授の専属料理人となります。その後1907年、いまのエリアで松栄亭を開業。現在は4代目が切り盛りをしています。

そんな松栄亭の創業年、1907年とはどんな時代背景だったのでしょう……有名な出来事としては足尾銅山騒動が挙げられます。他には、国産ガソリン自動車の第1号、刑法発布、現在の東北大学創立などの史実もあります。

また、日本人女性初のオリンピックメダリストである陸上の人見絹枝選手のほか、湯川秀樹、三木武夫、井上靖、淡谷のり子……そんな方々が生まれたのもこの年のこと。足尾銅山騒動もそうですが、日露戦争後の恐慌と深いつながりがある事件や出来事が頻発している時代背景の中、松栄亭がその歩みを始めています。

では、創業100年超え、4代続く老舗洋食店へと参りましょう。