ロサンゼルスでレンタカーに挑戦!

ロサンゼルスを象徴する、青い空、パームツリー、そしてフリーウェイ

ロサンゼルスを象徴する、青い空、パームツリー、そしてフリーウェイ

車社会アメリカを代表する町、ロサンゼルス。この町は車さえあれば、効率的に観光ができますが、車がなければ時間を大幅にロスしまう危険も……。片側5車線以上もあるフリーウェイや右ハンドルが少し不安かもしれませんが、慣れてしまえば大丈夫! 道幅は日本の倍以上ありますし、フリーウェイ上に歩行者はいません。試してみれば、日本より運転しやすいかもしれません。

ロサンゼルスの旅行者がレンタカーを借りる場合、滞在中数日だけというよりは、到着時に空港で車を借りて、帰りに空港で車を返して飛行機に乗るという人が多いようです。車があれば、サンディエゴまでは日帰りでき、サンフランシスコラスベガスまでは1泊2日ぐらいで行くことができるので、本当に便利。ぜひ、皆さんもチャレンジしてみましょう!

レンタカーの予約

ロサンゼルス国際空港近くのエイビスのカウンター

ロサンゼルス国際空港近くのエイビスのカウンター

レンタカーは日本出発前の予約が鉄則! 当日、レンタカー会社のオフィスに行く場合と事前にインターネットで予約をしていくのでは、まず料金が違います。事前予約の方が明らかにお得! サイトではキャンペーン情報なども見ることができるので、一番安いレートでの予約が可能です。大手レンタカー会社、ハーツエイビスアラモエンタープライズなどは、日本語サイトを持っているところが多いので、予約の流れもいたって簡単!

大手レンタカー会社とは別に、ロサンゼルスには、さくらレンタカーなど日系のレンタカー会社があります。そういったところは、当然日本語のサイトが有り、予約も配車もすべて日本語でOK。事前に簡単な運転を教えてくれるところや、日本語の免許証だけで借りられるところもあるので、チェックしてみるといいでしょう。