「パワポのスライドマスター再入門(基本編)」では、スライドマスターを使うとすべてのスライドに共通の書式をまとめて変更できるという"スライドマスターの基本のキ"の操作を説明しました。

活用編では、PowerPoint2013のスライドマスターを使ってオリジナルのレイアウトを作成したり、複数のスライドマスターを管理する操作を説明します。「スライドマスター」タブにある「レイアウトの挿入」ボタンと「スライドマスターの挿入」ボタンの使い方をマスターしましょう。


スライドマスターにオリジナルのレイアウトを登録する

「パワポのスライドマスター再入門(基本編)」で説明したように、スライドマスターには、PowerPointに用意されている11種類のレイアウトに対応したマスターがそれぞれ個別に用意されています。ただし、作成するスライドの内容によっては、11種類以外のレイアウトが必要な場合もあるでしょう。その都度、既存のレイアウトを修正して使うよりも、オリジナルのレイアウトをスライドマスター画面に登録しておくと、後で何度も使いまわせるので便利です。

例えば、PowerPointには「白紙」と言う名前のレイアウトのスライドが用意されていますが、スライドマスター画面の左側で白紙のレイアウトを選択すると、スライドの下側に「フッター」「日付」「スライド番号」の3つのプレースホルダーが表示されていることが確認できます。つまり、あらかじめ用意されている「白紙」のレイアウトは完全に白紙ではないのです。
「表示」タブの「スライドマスター」ボタンをクリックしてスライドマスター画面に切り替える。左側のマスター一覧から「白紙」をクリックすると、スライド下部に3つのプレースホルダーが表示される

「表示」タブの「スライドマスター」ボタンをクリックしてスライドマスター画面に切り替える。左側のマスター一覧から「白紙」をクリックすると、スライド下部に3つのプレースホルダーが表示される


スライドに1つもプレースホルダーがない完全に白紙のレイアウトを新しく追加してみましょう。

新しいプレゼンテーションが表示されている状態で、「表示」タブの「スライドマスター」ボタンをクリックします。
PowerPoint起動後は、「ファイル」タブの「新規」をクリックし、「新しいプレゼンテーション」を選ぶされている状態で操作する

PowerPoint起動後は、「ファイル」タブの「新規」をクリックし、「新しいプレゼンテーション」を選ぶ

スライドマスター画面の左側で、新しいレイアウトを追加したいすぐ上のマスターをクリックします。ここでは、左側の一覧の末尾に追加するので、「縦書きタイトルと縦書きテキスト」のマスターをクリックします。
新しいレイアウトをどの位置に追加するかを選ぶ。選択したレイアウトの下側に追加される

新しいレイアウトをどの位置に追加するかを選ぶ。選択したレイアウトの下側に追加される

続けて、「スライドマスター」タブの「レイアウトの挿入」ボタンをクリックします。
オリジナルのレイアウトを作成するときは、「レイアウトの挿入」ボタンを使う

オリジナルのレイアウトを作成するときは、「レイアウトの挿入」ボタンを使う

すると、一覧の末尾に新しいレイアウト用のマスターが追加されました。
11種類のレイアウトに加えて、新しいレイアウト用のマスターが表示された

11種類のレイアウトに加えて、新しいレイアウト用のマスターが表示された

ただし、追加した直後のスライドには複数のプレースホルダーが配置されています。プレースホルダーのサイズや位置を変更したり、削除、追加したりしながらオリジナルのレイアウトに改良します。