メキシコシティ名物パストール・タコスの超人気店

juanbiste1

絶品のタコス・アル・パストールはひとつ10メキシコペソ

juanbiste2

店の外観。連日多くの人でにぎわう

メキシコ料理の定番、タコスのなかでも絶大な人気を誇るのがタコス・アル・パストール(パストール・タコス)。豚肉の薄切り肉をクシに刺したかたまりをケバブのように回転させながらバーナーで焼き、その肉をそぎ落としたものを具にします。調理時に、パイナップルも焼くので、その甘みも肉にしみこんで絶品! メキシコ全土で食べられますが、メキシコシティに美味しいパストールの店が多いとされています。

そんなタコス・アル・パストールが食べられるタコス専門レストランがフアン・ビステセスで、メキシコシティ内でトップクラスの美味しさと評判です。静かな住宅街にあり、店内は連日遅くまで多くの来店客でにぎわっています。

 

juanbiste3

パストール・コン・ケソ(チーズ入りパストール)も美味しい(一皿で、48メキシコペソ)

パストールは、特製のタレの味がしみ込み、焼き目がついた肉は香ばしく、ジューシーで、いくらでも食べれてしまいそう。ビーフ薄切り肉のビステックのタコスやポークリブ肉の厚切り、チュレタのタコスも、肉が炭火で焼かれ、余分な脂が落ち、素材本来の旨味を楽しめます。

ちなみに、このレストランのはす向かいにある自動車の整備工房内に毎日20時以降にオープンする立ち食いタコス屋は、通の間で定評で、連日にぎわっていますが、実はこのフアン・ビステセスと経営者が同じ。店内で落ち着いて座って食べたい人にはレストランがおすすめです。

<DATA>
JUAN BISTECES(フアン・ビステセス)
住所:Universidad 273 esq.Peten,Col.Narvarte,México, D.F.
TEL:5523-3175、5682-4067
アクセス:地下鉄3号線Eugenia(エウヘニア)駅から徒歩約10分
営業時間:13:30~翌2:30/月~土曜 、13:30~翌1:00 /日曜
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。