クロアチアのインターネット、Wi-Fi事情

スマートフォンやタブレットが普及してきた今、出かけ先でもネットを利用するのはあたりまえの時代。海外旅行先でもスマートフォンやタブレットがあれば、ネットに接続して現地での情報をササッと収集をしたり、日本の家族や友人と簡単に連絡を取ったり、旅の感動をリアルタイムでSNSなどにアップすることができます。今回は気になるクロアチアのインターネット、Wi-Fi事情をご紹介します。

とっても便利!クロアチアのカフェでのWi-Fi事情

Free Wi-Fiの目印

クロアチアはカフェやレストランなど、無料Wi-Fiサービスを提供しているお店が多い。“Free Wi-Fi”の表示が目印。

クロアチアではWi-Fiの普及が急速に広まり、旅行者がたくさん訪れるような都市ならどこに行っても、必ずどこかWi-Fiスポットを見つけることができるような状況です。

一番便利でおすすめなのが、カフェの無料Wi-Fiに接続する方法。ただでさえカフェが多いクロアチア。町を歩けばそこら中にカフェがありますが、そんなカフェも時代の流れに対応しようと無料Wi-Fiを提供しているお店がたくさん目に付きます。

 

Wi-Fiパスワード

カフェで無料Wi-Fiを利用するにはパスワードが必要なことがあるが、たいていドリンクを注文すると渡されるレシートの下部に表示されている

ドゥブロヴニクやスプリット、ザグレブなど観光客の多い都市では特に、無料Wi-Fiの有無が集客に大きく影響するため、無料Wi-Fiを設置しているお店のほとんどは「Free Wi-Fi」の表示を大きくアピールしているので見つけるのはとても簡単です。カフェでのWi-Fiの利用にはパスワードの入力が必要なことがありますが、パスワードはドリンクを注文すると渡されるレシートに表示されているので、それをWi-Fiネットワークシステムに入力すればOKです。もしパスワードがわからない時は、スタッフに尋ねると親切に教えてくれるので、ためらわずに聞いてくみてくださいね。

クロアチア各都市で無料でWi-Fiが利用できるカフェ一覧をチェックすることができます(このウェブページの一覧に載っていないカフェも、もちろんたくさんあります)。

その他、街中の無料Wi-Fiホットスポット

クロアチアではWi-Fiホットスポット(公衆無線LANサービス)を設置する都市が増えてきています。クロアチア政府はホットスポットの設置拡大に精力的に取り組んでおり、ザグレブのイェラチッチ広場、スプリットのプロムナード(リヴァ)、リエカのコルゾ通りなど、観光客もよく利用する場所を中心に設けられ、今後もその数はどんどん増えていく予定なのでますます便利になりそうです。

スプリットのリヴァ

Wi-Fiホットスポットのある、スプリットのリヴァ

カフェも含めれば、主要観光都市で無料Wi-Fiスポットを探すのに困るということはまずありません。クロアチアチア各都市でWi-Fiが利用できる主な場所のリストもチェックしてみてください(クロアチア語のページですが、記事の下のほうに都市ごとスポット情報が記載されています)。また、各都市の観光インフォメーションセンターでも、無料Wi-Fiホットスポットやインターネットが使える場所を教えてくれます。

 

街中でインターネットに接続可能なパソコンを利用できる場所

インターネットを利用できるデバイスを持っていないという人のための情報もご案内します。まずはホテル。ホテルでは宿泊客用にパソコンが置かれていることが多いので、フロントのスタッフに利用方法を尋ねてみましょう。

ツーリストインフォメーションセンター

観光中、困ったことがあれば町の観光インフォメーションセンターへ。Wi-Fiホットスポットやインターネットカフェの場所も教えてもらえます。

街中ではカフェでの無料Wi-Fiの普及の伴いインターネットカフェの数が激減してしまいました。ですが、主要な観光地ではインターネットカフェもまだちらほらと見かけます。平均的な使用料は1時間あたり15~30クーナ(約278~555円)。ネットカフェ探しに困った時も町の観光インフォメーションセンターに行けば、安全でおすすめのお店を教えてもらえるので探し回る前に聞いてみるといいでしょう。

ただし現地のパソコンでは日本語の読み書きができない可能性もあるのでご注意ください。

次のページではクロアチアのホテルや交通機関、空港でのWi-Fi・インターネット事情についてご紹介します。